F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダ密着:本来の実力が発揮できなかった初日。パワーユニットの最適化が予選の鍵に/F1ドイツGP金曜

2019年7月27日

「フリー走行2回目では一番軟らかいコンパウンドでのアタックが、クリーンラップじゃなかったので、ラップを断念しないといけなかった。ここではタイヤは一発しか持たない。同じタイヤで再びアタックしたけど、グリップのピークは通り越していたんだ」


 これは、F1第11戦ドイツGP初日のフリー走行2回目を終えて、5番手に終わったマックス・フェルスタッペンのコメントだ。フェルスタッペンはミディアムタイヤで7周走行した後、ソフトタイヤに履き替えてアタックに出たが、アタックラップ中に「エンジンの出力が変だ」と無線で訴え、チームからピットインするように指示を受け、アタックを断念していた。


 いったい、何が起きたのか? ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは次のように説明した。


「ドライバビリティ改善のトライをしている中で、今回キャリブレーション(調整)を変えたんですが、それが想定していたよりも激しく動いたために、明らかにパワーが出ない状況が発生しました。そのため、2台ともピットインしてもらい、設定を元に戻して、再びタイムアタックしてもらいました」


 問題が発覚したのが、フリー走行中に発生したため、残った時間を有効に使うため、ホンダはデータを一旦、イギリスGPのものに戻して走行を再開することにした。5分後にピットアウトしたフェルスタッペンだが、そのとき装着していたタイヤは5分前と同じソフトタイヤだっため、グリップ力はすでに落ち始めていた。


 さらにフリー走行2回目のタイムは、チーム側のメニューを優先して、イギリスGPのデータで記録されたもので、必ずしも最適なものではなかった。土曜日に向けてはどのような設定で走るのがベストか、これから決めるという。


 したがって、フェルスタッペンも「メルセデスやフェラーリとの差は少しあるけど、微調整すれば大丈夫だと思う。今日のタイム差より、ギャップはずっと小さいはずだから」と語っている。


 15番手に終わったピエール・ガスリーのベストタイムも、同じ問題で満足のいく内容とはならなかった。さらにセッションの終盤、ロングラン中に最終コーナー出口でコントロールを失い、タイヤバリアにクラッシュして、初日を終えた。


 フロントだけでなく、リヤのサスペンションも折ってしまったガスリー。幸いこの日に使用していたのはエンジンもギヤボックスもレース用のものでなかったため、土曜日に向けてはペナルティの心配はいらない。


 実力が出し切れないまま、終わったドイツGP初日のレッドブル・ホンダ。土曜日の巻き返しに期待したい。

2019年F1第11戦ドイツGP FP2でピエール・ガスリーがクラッシュしマシンが大破
2019年F1第11戦ドイツGP FP2でピエール・ガスリーがクラッシュしマシンが大破



(Masahiro Owari)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報