F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「単純にドライバーのミス」。レッドブルF1首脳陣、ガスリーのクラッシュに苛立ち

2019年7月27日

 2019年F1ドイツGPの金曜、ピエール・ガスリーがFP2でクラッシュしたことについて、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーが、残念な出来事であると語った。


 FP2でガスリーはロングラン中、最終コーナーでコースアウト、グラベルを越えてバリアにクラッシュした。マシンは大きなダメージを受けたが、パワーユニット(PU/エンジン)もギヤボックスも金曜用のものを使用しており、最初から土曜に向けて交換する予定だったため、クラッシュによるペナルティは発生しない見込みだ。しかし、メカニックたちはマシンを修復するため、大量の作業をこなす必要がある。

2019年F1第11戦ドイツGP金曜 FP2でクラッシュしたピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第11戦ドイツGP金曜 FP2でクラッシュしたピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

「10Gの衝撃だったため、マシンは大きなダメージを負った」とホーナーが語ったとformula1.comが伝えた。


「レースエンジンでなかったのはよかったが、セッションのあの段階でマシンを1台失うのは非常に残念だ」


「(ガスリーは)シルバーストンではいい結果を出した。その次の週末の出だしとして望ましくない一日となってしまった。まだフリープラクティスなので、今夜マシンを組み直し、明日に向けて準備する。苛立たしいアクシデントだが、起きたことは仕方がない。アクシデントを取り消すことはできないので、なんとか対処するしかない」


 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、「単純にドライビング上のミスだ」とSpeedweekに対してコメントした。


「マシンには何の問題もない。ピエールがコントロールを失ったのだ。このアクシデントで彼が自信を失わなければいいのだが」


「だが今一番重要なのは、マシンを修復することだ。スキルに問題はないが、スペアパーツを確保しなければならない」



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報