F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン&ヒュルケンベルグ、フェルスタッペンの『世界最高のドライバー』評価を気にせず。「時には注目が必要」

2019年7月24日

 最近、レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、マックス・フェルスタッペンのことを“F1における最高のドライバー”であると評した。だがルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、自分はフェルスタッペンが最高のドライバーなのか否かを判断する立場にはないと語った。


 ホーナーは、フェルスタッペンが第9戦オーストラリアGPで今シーズン初優勝を挙げたあとに、「人生のこの時期にこのパフォーマンスを見せているドライバーとして、この12カ月においては、彼は間違いなく世界最高のドライバーだ」と語った。


 しかしヒュルケンベルグは、自分はそのような主張にコメントできるとは思わなかったと述べた。


「そうしたことを言うのはいつも難しいことだ。なぜなら、僕はこのチーム(ルノー)に没頭しているから考え方がとても限られている。自分自身とルノーのことを気にかけているからね」


「このチーム内の細かなことすべてを見ているんだ。他のドライバーがレースウイーク中に何をしているのか、僕はそれほど注意を払っていない」


「でも記録と、今シーズンここまでの彼の走りを見ると、すごく良くやっているね」


 またヒュルケンベルグは、フェルスタッペンの実績についてあまり語ろうとしないのは、ライバルを称賛したくなかったり、レースの際に心理的なアドバンテージを与えてしまう可能性があるからといったこととは関係ないと主張した。


「もちろん僕たちは全員が利己的で、自分たちが最高だと思いたがっている。そうした態度を取ることや、油断せずに気を抜かない思考をする必要はあるものなんだ」


「(でも)同僚のドライバーが素晴らしいレースをしたり予選ラップを出したら、敬意を抱くよ」


 また5度のF1チャンピオンであるメルセデスのルイス・ハミルトンはこれまで、ホーナーのフェルスタッペンに対する称賛について尋ねられると否定的だった。


「彼の主張に対して僕は答えを持たない。結局、誰かは時々ある種の注目が必要なんだろう」とハミルトンはシルバーストンでメディアに語った。


「マックスは素晴らしい仕事をしていると思うし、彼を見ているのはすごくエキサイティングだ。彼らがいかに前進するか見るのは興味深いことだね」


 だがハミルトンは、ホーナーやF1のパドックにいる誰かによってフェルスタッペンが“最高のドライバー”と評されても、脅威など感じないと語った。


「僕は他人と自分を比べない。そうする必要は僕にはないんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報