F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダF1密着:覚醒したフェルスタッペンにライバルが賛辞「コースで一番輝いていたのはレッドブル・ホンダだ」

2019年7月1日

 今年のオーストリアGPのレース展開と結末を、だれが想像していただろうか。それほど、今回のレースは予想外の出来事の連続だった。


 波乱はいきなりスタートから起きた。フロントロウ、2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンが、ブラックアウトの直後に失速。1コーナーまでに7番手にポジションを下げてしまう。


 さらに3コーナーの立ち上がりで、チームメイトのピエール・ガスリーにも先行を許したフェルスタッペンは、一時8番手となる。これを見ていたレッドブルのヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)は、「今日のレースは終わった」と諦めかけた。


 しかし、オープニングラップの9コーナー手前で、フェルスタッペンがガスリーを抜き返すと、フェルスタッペンは覚醒したように、前車をオーバーテイクしていった。7周目にマクラーレンのランド・ノリスを抜き、9周目にはアルファロメオのキミ・ライコネンもオーバーテイクした。


 これで5番手に上がったフェルスタッペンだが、序盤にブレーキをロックさせて、フロントタイヤにフラットスポットを作っていたため、その後は我慢の走りを強いられた。


 それでも上位陣で最も遅い31周目にピットインしたフェルスタッペンは、1周前にピットストップし、フロントウイングを交換したルイス・ハミルトン(メルセデス)に代わって、4番手に浮上。41周目には表彰台圏内まで2秒以下に迫る。


 前を走るのはトップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)、2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)、そして3番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だ。


 まず50周目にベッテルをオーバーテイク。56周目にはボッタスを1発で抜く。最後は残り3周となった69周目にルクレールを抜き去り、トップのままチェッカーフラッグを受けた。


 レース後に、ルクレールをオーバーテイクした際に接触したことで審議の対象となったが、レーススチュワードが下した裁定は、レーシングインシデントとして、ペナルティを科さないという判断だった。


「スタートで失速した瞬間、この日のレースを諦めかけていたが、我々にはホンダのパワーユニットがあった。彼らは最後の30周、我々にエキストラパワーを授けてくれた」(ヘルムート・マルコ/レッドブルのモータースポーツアドバイザー)


 その走りを、レッドブル・ホンダに開幕からの連勝を止められたメルセデスのトト・ウォルフ(チーム代表)は、こう称えた。


「ファンタスティック!!  今日、コースで一番輝いていたのは、レッドブル・ホンダだった」

2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報