F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー、繰り上がりで10位入賞「ペース不足の原因を突き止めたい。ホンダの進歩はポジティブな要素」:レッドブル F1フランスGP

2019年6月24日

 2019年F1フランスGP決勝で、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは10位だった。


 9番グリッドからソフトタイヤでスタートしたガスリーは、17周目にハードに交換する1回ストップ戦略で走った。不利なユーズドソフトタイヤでガスリーは序盤8番手を走行、ピットストップ後にダニエル・リカルドの前の位置でコースに戻るが、すぐに抜かれてしまう。その後、ハードタイヤでスタートする戦略をとったキミ・ライコネンやニコ・ヒュルケンベルグにも前に出られて、11位でフィニッシュした。


 しかしレース後、7位フィニッシュのリカルドに10秒のタイムペナルティが科されたため、ガスリーは10位に繰り上がり、1ポイントを獲得した。ガスリーは現在合計37点でランキング6位に位置している。

2019年F1第8戦フランスGP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第8戦フランスGP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
ピエール・ガスリー 決勝=10位
(※10位昇格前のコメント)
 長く困難な一日だった。母国のフランスだけにこの結果にがっかりしている。予選からグリップ不足に苦しんできて、決勝でもそれは変わらなかった。今の段階では理由は分からないが、これからすべてのデータを分析し、なぜペースが不足していたのか、原因を突き止めたい。


 コクピット内でできることをすべて試みたけれど、スライドしてばかりでプッシュすることができなかった。このマシンでこういう感触を持ったのは初めてだ。来週末はオーストリアGPだから、次戦に向けてしっかりと準備を整えるために、チームと共に早急に対処しなければならない。


 ホンダは懸命に作業に取り組んでいる。彼らが進歩しているのは間違いないので、それはポジティブな要素だよ。



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報