F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、ストレートスピードの差を痛感。「フェラーリF1には敵わない」と現時点での遅れを認める

2019年6月18日

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、現在フェラーリは予選と決勝レースにおいてパワーユニットの特別なパワーモードを使用しているが、メルセデスのパワーユニットではそれに対抗できないと考えている。


 第7戦カナダGPでは、フェラーリが開幕から続くメルセデスの連勝を止めるかと思われた。しかしレース後半、首位を走行中だったセバスチャン・ベッテルが危険なやり方でコースへ復帰したとして5秒のタイムペナルティを科されてしまい、フェラーリは2019年シーズンの初優勝を逃す結果となった。


 このレースでベッテルの後ろを走行していたハミルトンは、「彼らはストレートで非常に速かった」と語った。


「間違いなく彼らには、今の僕たちにはない別のパワーモードがある」


「たとえ僕がDRSを使ったとしても、彼らは急にパワーを上げて、ストレート上で僕から離れていくんだ」


 フェラーリの持つパワーは、予選においても明らかだった。フェラーリのトップスピードは他のどのチームにも劣らず、メルセデスは、ストレート上ではフェラーリに対して0.6秒のロスがあると推定している。


「レースでも、彼らはストレートで突然ペースを上げていた。これが最も重要なことだ」


「パワーユニットに関して、明らかに彼らは良い仕事をしている。僕たちも作業に取り組まなければならない。現時点では、彼らの方が先に進んでいる」


 ベッテルに科されたペナルティは物議を醸すものだったが、それでもハミルトンは、今シーズン5勝目を記録したことに満足している。


「僕は適切な行動をしたと考えたい。スタッフは懸命に仕事をし、僕たちは素晴らしい結果を手にした」


「僕たちにはやらなければならない仕事がある。(カナダGPでは)フェラーリがどれほど速いのかというのを目にしたし、モナコでもそうだった。これからどうなっていくのかを考えてみるのは、おもしろいだろう」


「彼らはストレートで僕たちよりも速かったし、彼らの持つエンジンモードはレベルが違う。特に予選とレースで、そのモードを使うことができるんだ」


「僕たちにも絶対にやらなければいけないことがある。だけど、少なくとも良いバトルをしているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報