F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第6戦モナコGPの焦点】見る者の心を惹きつけた60周を超える接近戦。伝統のモナコに立ちはだかる“抜けない”現実

2019年5月29日

 トップグループの接近戦が胸躍らせるものだったか、“抜けないモナコ”が退屈だったかは、ドライバーに感情移入できるか否かで人それぞれ。マックス・フェルスタッペンは、タイヤ交換後のすべての周回で至近距離からルイス・ハミルトンを追い続けた。

 60周を超える接近戦は少し長すぎたかもしれないけれど、誰も否定しないのはハミルトンとフェルスタッペン、ふたりともがミスのない見事なレースを戦った事実。ピットアウト時の危険なリリースによってフェルスタッペンが5秒加算のペナルティを背負っていると分かっていても、ふたりの攻防は見る者の心を惹きつけた。路面コンディションが刻々と変化する公国のコースで、常にメルセデスの乱気流を受けながら、フェルスタッペンは攻撃の手を緩めようとしなかった。

 チームメイトとの接戦を制した土曜の予選の後、ハミルトンがこれほど厳しいレースを戦うことになるとは、誰が想像しただろう?

 すべての計算を狂わせたのは、11周目のセーフティカー出動。トラックポジション最優先のモナコでこの機会を逃してはならないと、メルセデスの2台、フェルスタッペン、セバスチャン・ベッテルがピットに飛び込んだ。本来ならばライバルの動きを見てタイヤ交換のタイミングを判断できる立場にいたメルセデスが、1-2番手を走りながらピットインを決断しなくてはならなかった。残り67周という、微妙なタイミングで。

 残り周回を考えれば選ぶべきはハードタイヤ。レッドブルとフェラーリは賢明にハードを選択したが、メルセデスは「リスタート時のウォームアップの悪さを懸念して」ミディアムタイヤを選んだ。加えて、ピットレーンではバルテリ・ボッタスの目前にフェルスタッペンがピットアウトしてきた。

 それだけならダメージはまだ小さかったが、斜め後方のボッタスに気づかなかったフェルスタッペンは右のウォールにメルセデスを追いやってしまう。結果、レッドブルはペナルティを科せられ、右フロントのホイールを壊したボッタスのタイヤにはパンクチャーが発生し、再度のピットインを余儀なくされた。

XPB Images

 最初のピットインでフェルスタッペンに先行されたボッタスは、2度目のピットインでベッテルにもポジションを譲ることになった。ハードに交換したボッタスにタイヤのハンデはなくなったものの、4番手に後退したためハミルトンを守る盾となることはできない。ひとりミディアムを履いたハミルトンの“苦行”が始まった。





レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報