F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:モナコGP決勝でトップ争いするなか、トルクモードに苦しんでいたフェルスタッペン

2019年5月28日

 今年のF1第6戦モナコGPは、60周以上に渡って、トップのルイス・ハミルトン(メルセデス)と2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)による優勝争いが繰り広げられた。彼らはふたりとも、2つの戦いを演じていた。ひとつはバトルしている相手で、もうひとつは自分との戦いだった。


 2つ目の戦いは、ふたりともピットストップでのミスが原因だった。同時にピットインしたレッドブルとフェラーリはハードコンパウンドを選択したのに対して、メルセデスはミディアムコンパウンドをふたりのドライバーに装着させた。


 レースが再開してしばらくすると、ハミルトンが自分が履いているタイヤが間違ったタイヤだと悟り、無線でピットに何度も不安な胸の内を明かしていた。


「もう、完全にタイヤが終わった。これで勝てたら、奇跡だ……」


 そのハミルトンを追うフェルスタッペンが犯したミスは、トルクモードの設定変更だった。現在のF1はピットアウト時に最速かつ安全に発進できるようスタート用のトルクマップが割り当てられている。ただし、これはピットアウト時にしか必要のないマップなので、レース中、ピットアウトした後はすぐに通常の走行モードのいずれかに変更しなければならないというレギュレーションになっている。


 ところが、フェルスタッペンはピットアウト時にバルテリ・ボッタス(メルセデス)と接触するというアクシデントがあり、その後もボッタスとピットレーン出口まで並走していたため、その設定を変更し忘れてしまった。

■ピットから出てしまうと変更できなくなるトルクモード

 某エンジニアによれば、「現在のF1マシンのコンピュータ制御はマクラーレン製に統一されており、ピットレーンを出てしまうと、設定の変更ができない」のだという。


 では、スタート用のトルクモードでレースを走行するとどうなのか。フェルスタッペンは、スタート用のトルクモードでのドライビングを次のように述懐した。


「正確な数字はわからないけど、スロットルを踏んでも反応にタイムラグがあって、突然パワーが出てくる感じだった」という。


 某エンジニアも、「高回転域ではほとんど問題はないが、低速コーナーの立ち上がりでは、かなりドライビング難しかったはず。モナコは1速で立ち上がるコーナーがヘアピンとシケインとラスカスと3つあるので、かなり大変だったと思う」と追いかけるフェルスタッペンも厳しい状況だったのではないかと言う。


 レースではラスカスやヘアピンへのブレーキングで何度も接近したフェルスタッペンが、その立ち上がりで引き離され、ストレートで追いつけないシーンが何度も見られた。


 もし、適切なトルクモードでレースができていたら、レースは少し違った結果となっていても不思議はなかっただろう。

2019年F1第6戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル
2019年F1第6戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル



(Masahiro Owari)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報