F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス、フェルスタッペンとの接触で3位に「不運なレースだったが、ラッキーな部分もあったと考えるしかない」:メルセデス F1モナコGP日曜

2019年5月27日

 2019年F1モナコGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは3位だった。


 2番グリッドからスタートしたボッタスは、セーフティカー出動に伴い、11周目にピットイン。この時、3番手を走っていたマックス・フェルスタッペンもタイヤ交換を行い、ピットレーンでボッタスの前に出て、その際に接触が起きた。ボッタスのタイヤはパンクし、次の周に再度交換しなければならなかった。スタートタイヤのソフトからミディアム、次にハードに交換したボッタスは、4番手に下がったが、フェルスタッペンに5秒加算のペナルティが出たため、レース後、3位に繰り上がった。


 メルセデスのトラックサイドエンジニアリングディレクター、アンドリュー・ショブリンは、「レッドブルのリリース自体は問題なかったが、マックスは左側に十分スペースがあるにもかかわらず、バルテリをウォールの方に押しやった。そのためにバルテリの右フロントホイールのリムが壊れ、パンクが起きた」と発言している。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=3位
 今日のリザルトはピットで決まったようなものだ。セーフティカーが出動した際、ダブルピットストップをした。最初にルイス(・ハミルトン)、次に僕の順だ。(セバスチャン・)ベッテルとフェルスタッペンも同時に入り、僕がピットボックスを離れた時、マックスも同時にリリースされ、サイド・バイ・サイドになった。僕らは接触し、僕は行き場がなかったためにウォールに当たってしまった。この時に右フロントタイヤがパンクした。


 そのため、次の周にもう一度ピットストップをしなければならなくなった。これで最後尾に落ちてしまうんだろうな、と思ったが、実際にはふたつポジションを落としただけで済んだ。つまり、アンラッキーだったけど、ラッキーでもあったというべきだろう。


 予選順位より下でフィニッシュするなんてもちろんがっかりだ。ただ、ペースは週末を通してとてもよかったし、チームと自分自身のために貴重なポイントを稼ぐことができた。


 今朝起きた時、一番に思ったのは「ニキ(・ラウダ)のためにいい走りをしたい」ということだった。彼のために勝ちたいと思っていた。残念ながら実現できなかったけれど、ルイスが勝ったから、ニキは僕らのことを誇りに思ってくれていると思う。



(autosport web)




レース

11/2(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/3(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/4(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報