F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペトロブラスがマクラーレンF1との契約解除を検討。ブラジル大統領が発言

2019年5月20日

 ブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領が、同国政府の意向で石油会社ペトロブラス社はマクラーレンF1チームとの契約を打ち切るべく動いていると発言した。


 マクラーレンはペトロブラス社とテクニカルパートナーシップを結び、2019年から燃料および潤滑油の供給を受けている。しかし、大統領によると、ブラジル政府の指示により、同社はこの契約を終了する意向であるという。


 ペトロブラスの株式半数以上をブラジル政府が保有しており、政府の指示にはある程度の強制力があるものと考えられる。


「2018年、ペトロブラスはマクラーレンと5年間有効な7億8200万ブラジルレアル(約210億円)の広告契約を結んだ」とボルソナーロ大統領はTwitterで発言した。


「現時点で同社は、我が政府の決定により、この契約を解除する道を探っている」


 2019年1月に就任したボルソナーロ大統領は、大規模な政策変更や財政の支出縮小に着手している。モータースポーツ関連でいえば、長年行われてきたカート大会『Seletiva de Kart』への公的支援を打ち切ることを決めた。また、F1ブラジルGPを現在のサンパウロのインテルラゴスサーキットではなく、リオデジャネイロの新サーキットで開催するとの発言も行っている。


 ペトロブラス社がマクラーレンとの契約を打ち切る場合、多額の違約金が発生する可能性があるが、いずれにしてもマクラーレンにとっては大きな打撃になるものとみられる。


 チームは大統領の発言に対してコメントを控えており、「このような事柄は商業上の秘密事項にあたる。それ以上の発言を行うことはできない」とのみスポークスパーソンは語った。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報