F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、チーム内のナンバーワン待遇を否定「レッドブルはドライバーを平等に扱っている」

2019年5月8日

 マックス・フェルスタッペンが、自分がレッドブル・レーシングのなかでナンバーワン待遇を受けているとの見方を否定した。


 2019年にダニエル・リカルドに代わってレッドブルに加入したピエール・ガスリーがマシンになじむのに苦労していることもあり、第4戦終了時点でフェルスタッペンはチームメイトのガスリーに38ポイントの差をつけている。


 F1での5年目を迎えたフェルスタッペンは、2017年終盤にデビューしたガスリーより多くの経験を積んでおり、すでに5勝を挙げている。
 しかしフェルスタッペンは、チームはふたりのドライバーを平等に扱っており、自分は一切優先されてはいないと主張した。


「自分がチームのファーストドライバーであるとは思っていないし、チームの誰もそんなことは言っていない」とフェルスタッペンはF1Technical.netに対してコメントした。


「ふたりに平等な機会が与えられている。僕がしていることは去年と同じだ。チームに適切なフィードバックを提供し、新しいパーツを導入するかどうかはチームが決める」


「僕に関しては大きな変化はない。もちろん経験は積み重ねているが、やることに関して違いはない。やることが変わったならば、前の年には正しい仕事をしていなかったということになる」

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2018年後半からフェルスタッペンは大きく成長し、ミスが減ったと称賛している。フェルスタッペンは、ドライバーには常に改善の余地があるものであり、意欲があればベテランになっても成長することができると考えている。


「ドライバーは常に成長していくものだ。ルイス(・ハミルトン)ですら、今も進歩し続けている。進歩し続けたいという強い気持ちがあるかどうかの問題だ」とフェルスタッペン。


「F1での1年目から2年目にかけては、F1カーでの走り方について日々学んでいく」


「5年目になると、マシンについてより全般的な経験を積んでいくことになる。レースをこなせばこなすだけ、ドライバーは進歩していくんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報