F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表「ホンダ&エクソンモービルとのパートナーシップがもたらすメリットは大きい」

2019年5月2日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年からホンダのパワーユニット(PU/エンジン)にスイッチし、燃料と潤滑油を供給するエクソンモービルとの三者のパートナーシップが非常にうまく機能していると語った。


 レッドブルは2017年に燃料と潤滑油のサプライヤーをエクソンモービルに変更した。ルノーはBP/カストロールと契約しており、そのため、ルノーのパワーユニットを使用していた2017年と2018年は、異なる燃料を使用することによるデメリットが多少なりともあったと、ホーナー代表は認めている。


 エクソンモービルによるインタビューにおいて、ホーナー代表はF1で戦う上で、燃料と潤滑油は非常に大きな役割を果たすと語った。


「極めて重要だ。エクソンモービルとのパートナーシップをスタートして以来、技術的な専門知識のレベルが向上していると感じる」


「2019年シーズンにエンジンサプライヤーをホンダに変更した後、さらにそれが顕著になった。燃料と潤滑油の開発は、現在のハイブリッドエンジンにおいて重要な役割を担っている。二社が共同で作業をすることで、大きな進歩が達成されている」

2019年F1第3戦中国GP マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1中国GP:F1の1000回目のレースをエクソンモービルと祝ったレッドブル・レーシング

 パワーユニットサプライヤーをルノーからホンダに変更することでどういう変化があったかという問いに対し、ホーナーはワークス待遇を得られることは大きなメリットであると答えた。


「ホンダと働く上で素晴らしいのは、彼らがアストンマーティン・レッドブル・レーシングおよびトロロッソに完全に集中していることだ」


「去年までのパートナーであるルノーは、ワークスチームを持っており、燃料サプライヤーも我々とは異なっていた。そのため、我々がルノーのパワーユニットを実際に走らせることができるようになるまでに多少の時間が必要だった」


「ホンダが強く働きかけて、エクソンモービルは多くの製品バリエーションを生み出してきている。このように関係がスムーズに機能しているのは素晴らしいことだ」


「我々はホンダの開発の道筋について、また燃料とエンジンオイルがそのなかで果たす役割についての話し合いに深くかかわっている。アストンマーティン・レッドブル・レーシング、ホンダ、エクソンモービルのパートナーシップにおいて、三者すべてが互いに価値をもたらしている。非常にエキサイティングな関係だ」



(grandprix.com)




レース

5/23(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※モナコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン137
2位バルテリ・ボッタス120
3位セバスチャン・ベッテル82
4位マックス・フェルスタッペン78
5位シャルル・ルクレール57
6位ピエール・ガスリー32
7位カルロス・サインツJr.18
8位ケビン・マグヌッセン14
9位セルジオ・ペレス13
10位キミ・ライコネン13

チームランキング

※モナコGP終了時点
2位メルセデス257
2位フェラーリ139
3位レッドブル・ホンダ110
4位マクラーレン30
5位レーシングポイント17
6位ハース16
7位トロロッソ・ホンダ16
8位ルノー14
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報