F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャン「ブレーキペダルがフロアについてしまい、安全上の理由でリタイアした」ハース F1アゼルバイジャンGP日曜

2019年4月30日

 2019年F1第4戦アゼルバイジャンGPが行われ、リッチ・エナジー・ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは13位、ロマン・グロージャンはリタイアという結果に終わった。


■リッチ・エナジー・ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=13位
「今日は厳しい1日だった。間違いなく僕たちが期待していた結果ではない。バルセロナに向けて懸命に取り組み、前に進むよ。少なくともマシンがバルセロナのテストで機能していた時のデータがある。でも気温がかなり違ってくるけどね」


「このようなシーズンスタートは予想していなかった。でも僕たちにできることは、問題を解決するために作業を継続し、解決策を探し続けることだ」

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ケビン・マグヌッセン(ハース)


ロマン・グロージャン 決勝=リタイア
「僕のブレーキペダルは床についてしまっていた。だから安全上の理由からリタイアしなければならなかったんだ」


「それまでは期待していた通りに走行できていた。ミディアムタイヤでの最初の数周はとても難しかった。ソフトタイヤも摩耗したが、戦いには戻ることができた。僕は限界までマシンをプッシュした。ターン15でロックアップしてしまい、まっすぐ進んで退避路に行かなければならなくなった。あまり良いことではない」


「その後も奮闘したが、ペースが出なかった。僕たちは腰を落ち着けて、できることのすべてを分析する必要がある。コンストラクターズ選手権で上位を目指して戦えるように、対処しなければならない。僕たちにはそれが可能なマシンがあると信じている。タイヤが関連していると考えているが、この潜在的な問題は本当に厄介だよ。バルセロナではもっと上の順位につけることを期待している」



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報