F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン2位「ボッタスに優しくしすぎて、勝利のチャンスを失った」:メルセデス F1アゼルバイジャンGP日曜

2019年4月29日

 2019年F1アゼルバイジャンGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2位だった。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、スタート直後とレース終盤、トップを行くバルテリ・ボッタスにチャレンジしたが、オーバーテイクするには至らなかった。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=2位
 チームにとって最高の結果だ。いまの僕らはこれまで以上の強さを持っていると思う。それはチームワークが生み出した強さだ。


 バルテリと僕がマシンの限界を押し広げ、いい結果を生み出している。そしてピットストップ担当、エンジニア、ファクトリーで働くスタッフ全員が同じように全力を注いでいるんだ。いまの僕らはチーム史上最強だと思う。全員のハードワークに感謝している。


 バクーは僕にとって大得意とはいえない場所で、常に苦労している。今日は優勝に手が届きかけたけれど、届きはしなかった。予選でベストの結果を出せなかったし、決勝スタートも慎重になりすぎた。VSCに関して問題が起こり、それでバルテリに追いつくのが難しくなった。


 とはいえ何を言ってもすべて「たられば」にすぎない。バルテリが素晴らしいレースをしたのは事実であり、彼の仕事は優勝に値する。チームが僕らを競わせてくれたのもうれしかった。


 スペインでパフォーマンスを向上させて巻き返すために努力を続けるよ。

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP 優勝:バルテリ・ボッタス、2位:ルイス・ハミルトン、3位:セバスチャン・ベッテル
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP 優勝:バルテリ・ボッタス、2位:ルイス・ハミルトン、3位:セバスチャン・ベッテル

(ボッタスとのバトルについて語り)ターン1で彼に優しくしすぎた。それが彼に首位を渡す結果になった。バランスをとるのが難しい。常に、自分はチームの一員にすぎないということを忘れるべきじゃない。でも自分のことだけを考えるなら、もっとプッシュすべきだった。でも、そうして僕がトップに立てば、彼がポジションを落とし、さらにフェラーリにも抜かれた可能性がある。だから、僕としては、オーバーテイクしたかったけれど、ワンツーを守るために、慎重に行動する必要があった。


 バルテリと僕は、常に互いを尊重し合っている。僕らは真の紳士なんだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報