F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、代表との話し合いの末にチームオーダー発令を理解。「今後は状況に応じて受け入れる」

2019年4月26日

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、今後もチームオーダーには従うが、それは“一定の状況下”の場合に限ると語った。


 開幕戦オーストラリアGPと第2戦バーレーンGPにおいて、ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルの後ろにとどまるようチームから指示を受けたものの、バーレーンGPではベッテルを追い抜いた。


 第3戦中国GPでも、前を走るメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに追い付く目的で、レース序盤にチームからベッテルを先行させるようにという指示が出された。だが激戦の最中のこの判断は、明らかにルクレールをいら立たせた。


 アゼルバイジャンGPを前に、今後もチームオーダーに従うのかと聞かれた21歳のルクレールは、状況次第だと答えた。


「当然、F1においてチームオーダーはいつでも出るものだ」とルクレールは語った。


「状況次第だし、一定の状況においては従うつもりだ」


 ルクレールは中国GPを終えたあと、ベッテルを優先させるフェラーリの判断について、チーム代表のマッティア・ビノットに説明を求めると話していた。


「彼に質問したよ。その答えは今も変わらないはずだ」


「彼はピットウォールで決断を下している。結局のところ、マシンに乗っている僕よりも、ピットウォールの彼らの方がよほど多くのデータを持っているということだ。今後のことは分からない」


「自分がマシンを走らせているときに、他のドライバーを先行させるようにと言われるのは、腹立たしいものだ。そんな指示を出されれば、ドライバーなら誰だって腹が立つと思うよ」


「その一方で、チームの判断にも理解できる部分はある。セブ(ベッテルの愛称)は今年、フェラーリで5シーズン目を戦っているし、タイトルを4度獲得している。それに対して、僕はまだF1で2シーズン目に入ったばかりだ」


「僕には、チームに対して証明しなければならないことがたくさんある。マシンを走らせて最高の仕事ができるかどうかは、僕次第なんだ。自分に何ができるのかを、チームに示さなければいけない」


「僕としては、今やっていることを続けて、自分自身を向上させていくだけだ。早い時点で現状を変えられるのではないかと思っている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/22(日) 決勝 21:10〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報