F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「ルノーは早急に問題を解決する必要がある」。ヒュルケンベルグ、連続するトラブルに懸念

2019年4月6日

 ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグが、第2戦バーレーンGPで2台揃ってリタイアに終わったことは「受け入れがたい」として、早急に信頼性向上を進めるようチームに求めた。


 バーレーンGP決勝終盤、ヒュルケンベルグは6番手を走行し、ポイント獲得は確実と思われたが、エンジンのトラブルに見舞われてコース上でストップ。ほぼ同時にチームメイトのダニエル・リカルドもマシンを止めた。リカルドのマシンにはMGU-Kの問題が発生したということだ。


「僕だけでなく、チーム全員にとって、受け入れるのが難しい出来事だ」とヒュルケンベルグ。


「F1はチームで戦うスポーツだということを実感する。ビリーのエンジンファクトリーで働くスタッフをはじめ、チームの全員がショックを受け、落ち込むことだろう。彼らを攻撃しても仕方ない。チームとして助け合って働く必要があるんだ」


「僕らには何度かこういうトラブルが発生している。この問題を早急に解決する必要がある」


 トラブルによってポイントを失ったヒュルケンベルグだが、バーレーンGPでのマシンのパフォーマンスは期待できるものだったと振り返った。


「中団のライバルたちと戦える状態だと常に感じていた。ハースは時々僕らより速かったこともあるが、それでも大きな差はない」


「少し特殊なトラックではあるが、彼らとの差は大きくないし、中団のトップに近い位置にいたと思う」


「今はかなりの接戦で、マクラーレンもすぐ後ろにいて、アルファロメオとの差もあまりない。だから小さなことが結果では大きな差になってしまう」


「僕らはいい位置にいることは確かだけれど、これからも改善し続け、マシンの開発を進めて、この位置から落ちないようにする必要がある」



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報