F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

SNS特集F1オーストラリアGP:フェルスタッペンの鮮やかなオーバーテイクシーン。波に乗るガスリー

2019年3月23日

 いよいよ2019年のF1シーズンが開幕。決勝では昨年の鬱憤を晴らすかのようにメルセデスF1のバルテリ・ボッタスが、見事な走りで後続を引き離し独走で優勝。2位はディフェンディングチャンピオンのルイス・ハミルトン、3位にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが入り、ホンダは2015年のF1復帰以来、初の表彰台を獲得した。今シーズンもチーム関係者やドライバーのSNSでグランプリを振り返っていこう。


毎年恒例、開幕戦の集合写真。メルセデスとハース以外、8チームの顔触れが変わる大変革のシーズンとなった。急逝したF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティング氏を悼み、全ドライバーが左腕に喪章をつけて開幕戦に臨んだ。

View this post on Instagram

The adventure has begun for the class of 2019 ? . #AusGP ?? #Formula1 #F1

FORMULA 1〓さん(@f1)がシェアした投稿 –


バルセロナのプレシーズンテストでは圧倒的な速さを見せたフェラーリF1がメルボルンに来てまさかの失速。いきなりつまずいてしまったセバスチャン・ベッテルの表情は複雑だ。


ロッキー・バルボアを彷彿させるような厳しいトレーニングを乗り越え、オフの間にバージョンアップを果たしたボッタス。F1人生の崖っぷちから一転、最高のかたちで開幕戦を制してみせた。この勢いで今シーズンの主役に躍り出ることができるのだろうか?


今シーズンへの並々ならぬ決意が、ボッタスの鋭い眼光に集約されている。

View this post on Instagram

Eyes on Round 2 ? #VB77 @mercedesamgf1 ? @paulripke #F1

Valtteri Bottasさん(@valtteribottas)がシェアした投稿 –


ザウバーからアルファロメオへと生まれ変わり、チームの戦闘力は大幅アップ。「マシンにはもっと上位を争える速さがあった」とキミ・ライコネンは8位入賞では満足はしない。


チーム名が変わったレーシングポイントF1。まだフォース・インディアと言ってしまいそうだ。新加入のランス・ストロールが大混戦の中団グループの中、しっかりと走り切り9位フィニッシュ。ベテランのチームメイトよりも先に入賞を果たした。

View this post on Instagram

“I am really pleased with my race today ? it has been a great day at the office. It’s really nice to pick up some points on the first weekend of the season, but it wasn’t easy. It was a really challenging afternoon, chasing Hulkenberg and Raikkonen ahead of me while also keeping Kvyat and Gasly behind me for most of the race. I was under a lot of pressure and it was very tight, but I am glad we managed to pick up two points. We were always planning to go long with our strategy: we were starting out of position so we knew the key was to make a good start and gain some places in the opening stages, which we did. After that, we had good pace and managed to hold off the cars behind us on softer tyres than ours. We saw today that it’s going to be really close in the middle of the grid, but we are definitely in the fight.” #ausgp #racingpoint #f1 #formula1

SportPesa Racing Point F1 Teamさん(@racingpointf1)がシェアした投稿 –


レースウイークの木曜朝に急逝したFIAのF1レースディレクター、チャーリー・ホワイティング氏。突然の訃報にパドックは悲しみに包まれた。


アウトからベッテル&フェラーリをオーバーテイクするフェルスタッペンのレッドブル・ホンダ。ホンダ陣営にとってはようやく手に入れた11年ぶりの表彰台。今シーズンに期待が膨らむ幸先の良い開幕戦となった。

View this post on Instagram

???? @hondaracingf1 Repost @f1 #KeepPushing #UnleashTheLion #AusGP

Max Verstappenさん(@maxverstappen1)がシェアした投稿 –


ルノーに電撃移籍したダニエル・リカルド。レッドブル陣営から離脱したことにより、新しいカラーリングのヘルメットで新シーズンを迎えることになったが、何とも個性的な色使いとデザインが施されている。「Stop Being Them」の文字には「人は人、自分は自分」というリカルドらしいメッセージが込められているようだ。

View this post on Instagram

Be you. Not them. 2019 helmet. ? @vladimirrys

Daniel Ricciardoさん(@danielricciardo)がシェアした投稿 –


フェルナンド・アロンソが去り、ラインナップを一新したマクラーレンF1。しかし、8チームが入賞を果たした開幕戦でポイントゲットできなかったのは古豪のウイリアムズとマクラーレンの2チームだけだった。この窮地から脱することができるのか?


2019年シーズンからハースF1のタイトルスポンサーとして登場したリッチ・エナジー。レッドブルはもちろん、メルセデスF1をサポートするモンスターエナジーなど、F1界にはエナジードリンクの勢力が拡大中。


オーストラリアの海岸でサーフィンに興じるピエール・ガスリー。ウインターテスト終盤のクラッシュから、開幕戦では予選Q1敗退と大事な本業では波に乗り損ねてしまったが、次戦以降の巻き返しに期待したい。


F1キャリアが終わりかけていたダニール・クビアトが古巣のトロロッソF1から復帰。ブランクを感じさせないドライビングで10位入賞を果たしてみせた。今度こそ、チャンスをモノにできるか?


厳しい船出となったウイリアムズF1だが、8年ぶりに復帰のロバート・クビサと新星ジョージ・ラッセルへの期待は高い。マシンの開発を急ピッチで進め、なんとか中団グループに追いつきたいところだ。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報