F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ・ホンダに新たな日本スポンサー。松下信治支える『Buzz Asset Management』と契約

2019年3月22日

 ホンダのパワーユニット(PU)で2019年のF1を戦うスクーデリア・トロロッソが、日本の投資会社である『Buzz Asset Management(バズ・アセット・マネジメント)』と新たにパートナーシップを結んだと発表した。すでに第1戦オーストラリアGPではマシンノーズに同社のロゴが掲げられている。


 レース参戦経験もある長谷川大祐CEOが2017年に立ち上げたバズ・アセット・マネジメントは、2019年のFIA-F2に参戦する松下信治をサポート。


 またF2やF3の強豪であるカーリンとも関係が深く、2018年のマカオGPではカラム・アイロットがドライブした18号車のスポンサーを務めたほか、2019年はFIA-F3に挑む名取鉄平が所属する
カーリンを支援しており、モータースポーツ、ホンダと関係が深い企業だ。


 そんなバズ・アセット・マネジメントがトロロッソとパートナーシップを結んだ。


「私がレーシングドライバーをしていたころ、多くの企業や人々に支えていただきながら戦っていました」と長谷川CEO。


「いつか会社を立ち上げた時、才能ある若手をサポートしていくことは私のミッションになりました。ホンダが若手ドライバーを育成しているのを見て、それをサポートしたいと思ったのです」


「すでにFIA-F3、FIA-F2にはサポートを展開していますから、次にF1へステップを進めることは順当なことです。特にスクーデリア・トロロッソはホンダのパワーユニットを搭載し、若手ドライバーにチャンスを与える存在ですから、スポンサーを務めることは、自然な流れです」


 トロロッソのチームプリンシパル、フランツ・トストも「可能な限り若い人材をサポートしていくというレッドブルのフィロソフィーに、極めて近い企業と合意に至ったことを喜ばしく思う」と述べている。


「またチームのスポンサーに新たな日本企業を迎えられたことは、アジア圏で我々の存在感が高まっていることの表れだ。そして、この契約締結を支援してくれたホンダには心から感謝申し上げる」



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報