F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、プレシーズンテスト2日目はノリスが初となるロングランを実施

2019年2月20日

 マクラーレンF1は19日、カタルニア・サーキットでのテスト2日目でも確かなパフォーマンスを見せ、ランド・ノリスはチームのMCL34で104周を走行した。


 ノリスはマクラーレンの“当日のプログラム”において一貫性のある走りを見せた。彼はすべての走行距離を最大限に活用しつつ、空力相関テストのほか、カルロス・サインツJr.が前日に行なったデータ収集作業も引き継いでいる。


 またチームメイトのサインツJr.と同様に、ノリスも午後のセッションの終盤ではペースを上げ、その日2番手のタイムを記録した。


「初めてマシンに乗ったがことを考えると、今日の出来にはとても満足しているよ」とマクラーレンのルーキーであるノリスは言う。


「チームは素晴らしい仕事をしてすべてを仕上げてくれた。この2日間で僕たちは多くの走行距離を稼くことができ、望む限り最高の結果となった」


「タイムは僕たちにとって重要ではない。こなすべきプランをやり切ることがすべてなんだ。特にシーズンのこの時期、マシンにはテストすべき新しい要素がたくさんあるからね」


 ノリスの担当作業にはロングランとピットストップ練習も含まれていたが、テストで行なうのは今回が初めてだったという。


「過去にロングランやピットストップ練習をやったことはあまりない。だからこれから2週間の仕事をこなすために、スピードを出し、エンジニアと話しをすることが僕にとっては最も重要なことだ」


「周回数、走行距離、信頼性を蓄積し、マシンをよく知ることが主な目標だ」


「この数日間で、多くの作業や改善を続けていなかければならない。まだ取り組み中の仕事があることは間違いないよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報