F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

内部対立が続くフェラーリF1、元会長マルキオンネの後継者はチーム運営に関与せず

2018年12月12日

 イタリアメディアの報道によると、フェラーリ内部ではいまだ不協和音が生じているという。フェラーリF1チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネと、テクニカルディレクターのマッティア・ビノットが対立したままだというのだ。


 2017年の夏、フェラーリのトップふたりが対立しているという噂が浮上した。最近になってアリバベーネは、ビノットと激しい論争をしていたという推測を否定。しかしイタリアのコリエーレ・デラ・セラ紙は、ふたりは現在も不仲のままであると主張している。

フェラーリF1チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネ(左)、テクニカルディレクターのマッティア・ビノット(右)


 コリエーレ・デラ・セラ紙特派員のダニエル・スパリスキとジョルジオ・テルージは、「アブダビGP後、ビノットは彼のボス(アリバベーネ)に、どのように(フェラーリが)前進していけるかを理解するためにミーティングを要求した」と明かした。


 同紙は、ビノットは“様々なチームからオファーを受けているが、やり残した仕事を続けるためにチームに残留したいと思っている”と主張している。“やり残した仕事”とは、もちろん再びフェラーリにタイトルをもたらすことだろう。


 特派員らは、「それを成し遂げるためには、この環境で明確さと役割が保護されること、そして平静さが必要だ」と付け加えた。


 フィアット・クライスラーおよびフェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネが夏に急逝したことでフェラーリは大きな打撃を受け、2018年のシーズン後半では調子を維持するのに苦労することになった。


 マルキオンネの後継者としてフェラーリの新会長に就任したジョン・エルカンは、チームの安定と自信を復活させるために、最近はマラネロ訪問の機会を増やしているという。だがコリエーレ・デラ・セラ紙には、以下のように書かれている。


「エルカンはチーム組織を引き継いだが、この数カ月で運営には一切触れておらず、公式の場に姿を見せることも少ない」


「だが今、彼はチームの平静と強さをよみがえらせることを求められている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン112
2位バルテリ・ボッタス105
3位マックス・フェルスタッペン66
4位セバスチャン・ベッテル64
5位シャルル・ルクレール57
6位ピエール・ガスリー21
7位ケビン・マグヌッセン14
8位セルジオ・ペレス13
9位キミ・ライコネン13
10位ランド・ノリス12

チームランキング

※スペインGP終了時点
2位メルセデス217
2位フェラーリ121
3位レッドブル・ホンダ87
4位マクラーレン22
5位レーシングポイント17
6位ハース15
7位アルファロメオ13
8位ルノー12
9位トロロッソ・ホンダ6
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報