F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シロトキンとウェーレインに、フェラーリF1のシミュレータードライバーとして起用の可能性が浮上

2018年12月11日

 セルゲイ・シロトキンとパスカル・ウェーレインは両者とも将来的にF1への復帰を目指しており、彼らはフェラーリの開発ドライバーの候補となる可能性がある。


 シロトキンはウイリアムズに復帰するロバート・クビカにシートを奪われ、2019年にはF1を離れることが決まっている。


 23歳のシロトキンがロシアのChampionatに語ったところによると、彼は2018年はダニール・クビアトが担当していたフェラーリのシミュレーターおよび開発業務に関心を持っているという。


「来週この件について決めることになるだろう。2020年のF1復帰を目指すなら、なおさらだ」とシロトキンは語った。


「とても良い環境になり得る。なぜならハース、ザウバー、フェラーリという3チームの仕事を一度にすることになるからね。素晴らしい選択肢だ」


 パスカル・ウェーレインは、最初はマノー、その後はザウバーにおいてグランプリレースで2シーズンを過ごした後、2018年はグリッドから去ることになった。


 メルセデス傘下にいたウェーレインは、1月にマヒンドラからフォーミュラEのマラケシュでの第2ラウンドに参戦する。彼はメルセデスのドライバープログラムから外れることになった。


 しかしセバスチャン・ベッテルによると、ウェーレインも2019年はフェラーリでの仕事を狙っているという。


「そうだね、彼は僕たちのシミュレータードライバーになるかもしれない」とベッテルはBlick紙に語った。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報