F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2018年シーズン不振のマクラーレンF1。要因は「一貫したリーダーシップの欠如」とチーム代表

2018年12月6日

 マクラーレンCEOのザック・ブラウンは、2018年シーズンにマクラーレンF1が陥ったパフォーマンス低下は、過去数年間チームが耐えてきた、リーダーシップの欠如による副産物だと考えている。


 ホンダとの3年間のパートナーシップが失敗に終わったことと、経営層の分裂から、マクラーレンは2017年シーズン末には痛々しい状況に陥った。


 しかし、マクラーレンの長期にわたるトップであり株主でもあったロン・デニスの退任により、同社の指揮を取ることになったマーケティングの専門家であるブラウンの指示のもと、ルノーとのエンジンパートナーシップへの切り替えもあり、チームは復調が起きることを期待している。


 物事が進展していく一方で、チームのパフォーマンスは期待を大きく下回っていた。チームの状況を吟味し評価する上でブラウンは、マクラーレンの2018年の不振の背景にある理由について語った。


「我々をこの状況に置いた2018年シーズンの問題は、何年もかけて作られたものだ」とブラウンはスペインのEl Mundo Deportivoに率直に語った。


「要約すれば、我々には一貫したリーダーシップが欠けていたのだ」


「誰かを名指しすることはしたくない。しかしすべての面において経営陣から集中が欠けていた。投資、企業合併、経営陣の交代、エグゼクティブディレクターの交代、そして最終的には注意が欠けていたのだ」


「そうしたことが問題を作り出した。人々は明確な目標や責任を持たなくなってしまった」


 2018年シーズンの間、マクラーレンはすべてのレベルにおいて根本的な再編成に乗り出したが、パフォーマンスに有利な影響を及ぼすための結果が出るのが遅すぎた。しかしブラウンは、チームが新しい年を迎えることになり、今では強固な基盤に支えられていると主張する。


「2018年に我々は質の低いマシンを作った。我々は多くの才能ある人材を擁しており、20年以上も在籍している100名もの人々がいる。我々には正しい構造がなかったのだ。そこが我々が正したいところだ」


「我々は復調への道にある。マクラーレンのスタッフに話したように、良い結果が出る前には良い感触が得られるだろう」


「開発は順調に進んでいる。チームワーク、協業、コミュニケーション、そして責任があるのだ。以前はそうしたことすべてが不足していたが、今我々はうまくやっている」とブラウンは付け加えた。


「だが新しいマシンをコースに出すまで、人々は我々が成し遂げた改善を目にすることはできないだろう。今年は最低の時期だったと思う。復活するために懸命に取り組んでいるが、まだしばらくかかるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報