F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソがハートレーに別れと感謝の言葉「ホンダとのパートナーシップ進展において重要な役割を果たしてくれた」

2018年11月30日

 スクーデリア・トロロッソのチーム代表フランツ・トストが、2018年末でチームを離脱するブレンドン・ハートレーに感謝の言葉を贈った。


 トロロッソは、2018年F1最終戦アブダビGP決勝翌日の26日、2019年のレースドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表した。すでにダニール・クビアトが復帰することが決まっていたため、ハートレーがチームから去ることが確定した。


 アルボンとの契約発表の際、トスト代表のコメントにはハートレーについては触れられていなかったが、トロロッソは29日、ハートレーへの感謝を示すリリースを発表した。


「2019年、アレクサンダー・アルボンがスクーデリア・トロロッソに加入し、ダニール・クビアトとともにレースに出場することになった。この発表を受け、我々はこれまでチームで走ってくれたブレンドン・ハートレーに感謝したい」とトロロッソのリリースには記されている。


「ブレンドンは、スポーツカーのキャリアで大きな成功を収めた後にレッドブルF1ファミリーに復帰し、2017年アメリカGPでトロロッソにおいてF1デビューを果たした」


「ブレンドンは、我々がホンダとのパートナーシップを進展させていくなかで重要な役割を果たした。彼の経験とフィードバックは非常に役立った。ブレンドンの今後の成功を祈る」


 トスト代表は、ハートレーはチームにとって重要な存在だったと語った。


「チームとともに懸命に仕事にあたってくれたブレンドンに感謝したい」


「スポーツカーからF1への転向は簡単なものではなかった。彼は短期間でそれをしなければならなかったのでなおさらだ」


「しかしながら彼は2017年の最後の4戦で優れた一貫性を示し、それによって2018年のレースシートをつかんだ。最終的に2019年に残留させることはできなかったが、彼はチームにとって重要な存在であり、ホンダのパワートレインの開発に貢献した。彼の今後の活躍を祈る」


 ホンダも、トロロッソのアルボン起用の発表を受けて、ハートレーに対するコメントをすでに発表しており、彼のフィードバックはパワーユニットの技術を前進させる上で有意義なものだったとして、感謝を示した。



(autosport web)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報