F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリーとグロージャンのクラッシュにペナルティはなし。グロージャンがトロロッソのガレージを訪問し謝罪

2018年11月25日

 トロロッソ・ホンダF1チームのピエール・ガスリーとハースF1チームのロマン・グロージャンがF1アブダビGPのFP3で接触した。このアクシデントは審議対象になったが、スチュワードはどちらにもペナルティを科さないことを決めた。


 FP3終盤、グロージャンと彼を追い越そうとしたガスリーがターン17で接触、マシンのパーツが飛び散った。この件をスチュワードが調査した結果、ペナルティは科さないとの決定を発表、その理由として次のように説明した。


「10号車のドライバー(ガスリー)は8号車のドライバー(グロージャン)に自分が見えていないとは考えなかったと述べている。また、両者の速度差は120km/hを超えていた」


「8号車のドライバーは無線でチームから(後方からマシンが来るという)警告を受けていなかった。また、急速に接近する10号車が見えなかったと述べている。もし後方から10号車が近づいていると知っていたら、完全に避けたと発言している。しかし(ガスリーが来ていることを知らなかったために)少しレーシングラインを外したものの、そのままコーナリングをした結果、プッシュラップ中の10号車と接触した。速度差が大きく、避けることは不可能だった」


 グロージャンはファストラップの合間のクールダウンラップを走っていたということだ。


 怒りを示していたガスリーのもとを、後にグロージャンが訪れて謝罪を行った。
「ロマンが僕のところに来て謝罪した。エンジニアから(後ろからマシンが来ていることを)知らされていなくて、僕が来るのが見えていなかったということだ」とガスリーが語ったとCrash.netが伝えた。


「結果的に彼は僕をブロックすることになった。あの瞬間、すごく頭に来たけれど、彼が謝りに来てくれた」



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報