F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

17年前は父親が当事者だった。輪廻は巡る、フェルスタッペン親子の接触事件【今宮純のF1ブラジルGP分析】

2018年11月13日

 なにかが起きるのが『ブラジルGP・インテルラゴス伝説』。第20戦のここでルイス・ハミルトン10勝目、メルセデスが5年連続ダブル・タイトル獲得でめでたく幕は下りた。

2018年F1第20戦ブラジルGP マックス・フェルスタッペンとエステバン・オコンが接触


 が、その幕の裏でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とエステバン・オコン(フォース・インディア)の“フィジカル・コンタクト(FIA表現)”が起きていた。

2018年F1第20戦ブラジルGP 優勝を失い激怒するマックス・フェルスタッペン


 公の場での小突き合い、周囲にいた関係者がレフリーとしてその場はおさめたが……。後にフェルスタッペンには『社会奉仕活動・二日間』という教育的指導“ペナルティ”が科せられた。


 事件は、ブラジルGP決勝44周目のエス・ド・セナで起こった。トップを走るフェルスタッペンと周回遅れオコンの2台がマシン・コンタクト。絡まりあってスピン、2番手にいたハミルトンが自動的にレースリーダーへ。こういう逆転劇もインテルラゴスではありえること。


 17年前にさかのぼる記憶……。2001年、新人3戦目ファン・パブロ・モントーヤがミハエル・シューマッハーをかわし、首位快走中の39周目に“事件”は起きた。周回遅れのヨス・フェルスタッペンに追突されリタイア。2位だったデビッド・クルサードに勝利が転がり込んだ。


「すべてうまくいっていたのに、フェルスタッペンはブレーキングを誤ったのだろう……。まあね、また良いことがこれからもあると思うし……」と大人のコメントを残したモントーヤ(見た目と違う好漢)。


 マックスの父は、きっとこの一件を思い出したことだろう。息子と父、なにかが起こるブラジルGP伝説の輪廻か――。


 めでたい話題に戻そう。ここでは10年にレッドブル、09年にブラウン、08年にフェラーリ、06年にルノーがコンストラクターズを決めている。ほぼ同時期に05年フェルナンド・アロンソから09年ジェンソン・バトンまで、5年つづいてチャンピオン戴冠の場となったインテルラゴス。ふたつの池の間に80年前できた回廊には女神もいれば悪魔も棲んでいる……。

■5シーズンにわたり圧倒的な戦績を残しているメルセデス

 1958年からチーム(コンストラクター)を対象にしたもうひとつの“選手権”が設けられた。メルセデスは54年と55年シーズンを席巻し撤退、もしできていたら文句なしの連覇であった(この悔恨はいまもある)。時を経て2010年から復帰した新生メルセデスは、ランク4位/4位/5位/2位を重ね、14年から50年代を再現する巨人の進撃を開始。

2018年F1第20戦ブラジルGP メルセデスが5年連続コンストラクターズタイトルを獲得


 ハイブリッドPU新規定にそなえ、復帰した10年頃から水面下で基礎研究に取り組んでいた。その成果が14年から16勝+16勝+19勝+12勝、そして今年の10勝。2018年シーズンここまで『99戦73勝』の戦績だ。


 参考として挙げると、70年代前後(17シーズン)に155勝をおさめたフォード・コスワースDFVエンジン・シリーズの、ほぼ半数に匹敵する。まさに現代史F1最強パワーユニットを目撃中だ。


 レース展開に戻ると、フェルスタッペン事件後の44周目にリーダーとなったハミルトンに、終盤“オーバーヒート症状”が深刻化。タイヤ・マネージメントとこの問題を抱え、パワーユニットのケアを強いられる危機的な状況が20周もあった。


 しかしハミルトンは落ち着いていた。ときどきオンエアされるピットとの無線交信では切羽詰まった様子も、焦る心理なども感じとれなかった。五冠王の冷静な対応能力、以前の叫びまくる彼とは全くちがった。


 ゴール後にマシンのそばにひざまずいたハミルトン、まるで愛犬ロスコ―を愛撫しているかのように。オーバーなアクションに思えたが最後まで耐えてくれた愛機に、感謝の意を捧げたのか。


 タイトルを重ねれば重ねるほど『レース人生』に磨きがかる、そうおっしゃっていたファン・マヌエル・ファンジオさんにメキシコで並んだ。メルセデス大目標のコンストラクターズ5連覇もここで叶えた。いま、我々はハミルトンのピーク・ゾーンを目撃している――。



(Jun Imamiya)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報