F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1メキシコGP技術解説:レッドブルがわずか数日でフェラーリのフロアをコピー、そのカラクリとは

2018年11月5日

 F1の開発はとどまるところをしらず、毎グランプリ、新しいパーツが導入されている。F1iのテクニカルエキスパート、ニコラス・カーペンティアーズがメキシコGPでレッドブルに搭載された改良型フロアを紹介、分析する。
——————————


 F1第19戦メキシコGPで関係者が驚いたのが、レッドブルの搭載した改良型フロアだった。明らかにフェラーリのフロアを模倣しただけでなく、同チームが前週アメリカGPで導入したばかりのものを、さっそく持ち込んだからだ。レッドブルは一体どうやって、そんな短期間にコピーできたのだろう。


 そのカラクリは、こういうことだった。オースチンの木曜日に撮影されたフェラーリSF71Hのフロアの写真は、すぐに英国ミルトンキーンズの空力部門に送られた。彼らの狙いは、フロア両脇のスリット上に取り付けられた小さなデフレクターである。エンジニアたちに風洞を通す時間はなく、CFDだけを使ってデザインを起こした。そして3Dプリンターでパーツが製作され、メキシコに空輸されたのである。

レッドブル、フェラーリ、ザウバーのフロア比較


 レース現場ではメカニックたちが、単純にこのパーツをフロアに糊付けした。そしてフェラーリ同様フリー走行の際に効果を確認し、予選・レースで使用されることはなかった。


 フロア両脇の何本ものスリットは、フロア下部への乱流の流入を防ぎ、ディフューザーの発生するダウンフォース量をさらに増大させることが目的と考えられている。これらのデフレクターは、その効果を助けるためのもののようだ。


 ザウバーはすでに夏の第8戦フランスの時点で、リヤタイヤのすぐ前に同じようなデフレクターを取り付けている。フェラーリとレッドブルが3枚あるのに対しザウバーは1枚だけだが、その狙いは同じのはずである。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Kunio Shibata)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報