F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

初日首位のフェルスタッペン、トラブル発生もグリッドペナルティの懸念は否定「明日はポールを目指して戦う」:F1メキシコGP金曜

2018年10月27日

 2018年F1メキシコGPの金曜、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1回目、2回目ともにトップタイムをマークした。しかしFP2の終盤、フェルスタッペンはマシントラブルのため、コース脇でストップした。


 セッション終了直後の段階でチームはハイドロ系のトラブルが発生したとの見解を示し、FP3までには修理することができ、ペナルティの懸念もないとしている。チーム代表クリスチャン・ホーナーは「詳しく調べてみる必要があるが、もしもエンジン交換が必要だったとしても、ストックがあるから問題ない」と述べている。


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=1番手/2=1番手
 今日はすごく好調だった。予想よりずっとよかったと思う。僕だけではなくダニエル(・リカルド)も速くて、トップ2を独占できたからいい気分だよ。


 このサーキットで僕らのマシンはとても速い。ダウンフォースもメカニカルグリップも抜群だ。そのことは今年序盤のモナコですでに証明されていたが、ここでもすごくよく機能することを改めて確認できた。このコースの路面はとても滑りやすいから、グリップするマシンだと、他に大きな差を築くことができる。


 改善できる箇所はいつだって残っているものだが、今のところはいい感じだよ。日本の金曜は僕のF1キャリアのなかで最悪のひとつだと思ったけれど、今日は最高の金曜日に入るよ。


 僕らのマシンは去年もここで速かったが、今年は2017年よりもさらに競争力があると今日のセッションが終わってから思った。


 最後に小さなトラブルがあり、油圧系だと思うが、まだマシンをチェックできていない。でも明日に向けてそれほど心配してはいない。チームが今夜調べてくれる。修復に時間がかからないといいね。


(自身の公式サイトに語り)明日はたぶんポールポジションを目指して戦うことができるだろう。さらに改善するため、努力していく。



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報