F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル、赤旗時のスピード違反で3グリッド降格。「常識に欠けるペナルティ」と不満示す

2018年10月20日

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アメリカGP金曜フリープラクティス1で、赤旗の際に十分な減速を行わなかったとして、ペナルティを科されることが決定した。


 ウエットコンディションのFP1で、ザウバーのシャルル・ルクレールがスピンし、コースオフ。復帰する際にコースに砂利をばらまかれたことで、コース清掃のため赤旗が掲示され、セッションが中断された。


 ベッテルはこの際にスピード違反を犯したと判断された。スチュワードはベッテルおよびフェラーリの代表者から事情を聞き、ビデオやテレメトリーなどの検証を行った後、セクター6から7でFIAのECUで示されたタイムを下回るペースを維持していなかったとの結論を出した。


 2018年シーズンの規則ではドライバーは赤旗時、大幅にスピードを落とさなければならず、この規則への違反は重く受け止められる。スチュワードは、「ベッテルはレッドフラッグ掲示時に十分減速しなかった」と判断、3グリッド降格およびペナルティポイント2の罰を科すことを決定した。


 前戦日本GPではエステバン・オコンが、それより前の開幕戦オーストラリアではダニエル・リカルドが、同様の違反で3グリッド降格のペナルティを受けている。


 このペナルティにベッテルは不満を示している。
「赤旗を見たから減速した。周囲を見て、どこかにマシンが止まっているのか、ウォールにぶつかっているのか、ターン9から10で何か起きているのかを確認し、規則に従うために大幅にスピードを落とした」とベッテルはSky Sportsにコメントしている。


「分かっていたから、減速した。でも、規則にも常識が必要だ。(ペナルティは)間違っていると思う。僕は減速したし、何が起きているのか、ちゃんと確認した。規則は明確だし、僕らもそれを承知している。でも、ウエットでこういうことが起きたのはこれが初めてだ。ウエットだとターゲットタイムが大幅に遅いから、30km/h、40km/h、50km/hも落とさなければならない。次はそうする必要があるんだろうね」


「でも、自分の後ろを他のマシンが走っていたら、そうすることが正しいとは思えない。追突されてしまうだろう。それでもペナルティを受けないことの方が重要なのだろうね」


 現在ランキング2位のベッテルは、ポイントリーダーであるルイス・ハミルトンに67点の差をつけられている。今週末のアメリカGPでハミルトンが優勝した場合、ベッテルが2位に入らない限り、ハミルトンが自身5度目のタイトルを確定する。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報