F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1の突然の不振は「“魔法のセンサー”によるPU監視強化とは無関係」とFIA

2018年10月10日

 フェラーリが速さを失ったのは、FIAがパワーユニット(PU)の監視のために取り付けた追加のセンサーの影響なのではないかとの推測が持ち上がったが、これをフェラーリとFIAの両者が否定した。


 パワーユニットにツインバッテリーシステムを使用するフェラーリが、密かに規則で制限されている以上のエネルギーを引き出している可能性があると考えたメルセデスはFIAに問い合わせを行った。FIAは、アゼルバイジャンからモナコにかけて調査を行った結果、違法な行為は行われていないという結論に達した。ただし、その後、別のモニタリングシステムを導入する考えを、FIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングは明らかにしていた。


 今シーズン前半戦、フェラーリのパワーユニットはメルセデスを上回るパフォーマンスを発揮するようになってきたとみられていたが、Auto Motor und Sportは、フェラーリのストレートでのアドバンテージはシンガポールで突然消えたと伝え、FIAが追加のセンサーを入れたことが関係しているかもしれないと示唆した。


 フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネは、追加のセンサーが導入されたことは認めたが、それがパフォーマンスに影響しているとの説は否定した。


「我々のバッテリーレイアウトは非常に複雑だ」とアリバベーネは日本GPの週末に語った。


「それに関してFIAとともに作業を行い、彼らの作業に協力するようにとの要求を受け、我々はそれを受け入れた。それでふたつめのセンサーを導入した」


「しかしそれがマシンパフォーマンスを変えたということはない。ストレートスピードにも関係はない」


 FIAレースディレクターのホワイティングも、この推測を打ち消した。


「彼らの調子が落ち込んだ理由は何なのか、私は知らない」とホワイティングが語ったとMotorsport-Magazin.comが伝えた。


「我々が魔法のセンサーを使ったことと関係があるとの推測がある。詳しいことを話すつもりはないが、この推測については否定する。このふたつには何の関連もない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報