F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1のニューウェイ。ベッテルの弱点を「プレッシャーに対する弱さ」だと指摘

2018年9月19日

 セバスチャン・ベッテルに4度の世界タイトルをもたらすマシンをデザインしたレッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、最大のライバルであるルイス・ハミルトンにベッテルがチャンピオンシップランキングで追いつくには、幸運が必要かもしれないと考えている。


 ハミルトンはシンガポールGPで非の打ち所がないパフォーマンスを発揮して優勝、ベッテルに対して40ポイントのリードを広げた。


 ハミルトンが絶好調である一方で、ベッテルは高い性能を誇るSF71Hのおかげでハミルトンより優位にあるようにも見える。しかしながら、何度かの致命的なミスにより、今やベッテルはハミルトンにリードを許してしまっている。


 ニューウェイによると、ベッテルの弱点は、彼のプレッシャーに対する弱さであると指摘する。


「セバスチャンは信じられないほどに懸命に取り組んでいる。彼より自分自身に厳しい者は他にはほとんどいない」とニューウェイはドイツのBild am Sonntagに語った。


「彼に弱点があるとしたら、それはその場の勢いでばかげたミスを犯してしまうことだろう。もし彼が首位を走っていたら、彼を負かすことはほぼできない」


「だが人はそれぞれ違う方法でプレッシャーに対処するものだ。マシンに乗ったら、彼は自分自身だけでなく、チーム全体に対して責任があるのだ」


「キミ・ライコネンやバルテリ・ボッタスのように気にしないドライバーもいるだろう。しかし世界選手権の終わりには、のしかかるプレッシャーをひしひしと感じるドライバーもいる」


「懸命に仕事をすればするほど、ドライバーはより大きなプレッシャーを感じる。特にセブ(ベッテル)にはそれがあてはまる」


 ニューウェイは、ベッテルがハミルトンを逆転しチャンピオンを獲得するには、タイミングが遅すぎるかもしれないと認めた。


「もし彼が首位に立とうとしたら、少なくともルイスが1度リタイアする必要があるだろう。さもなければ非常に難しいことになる」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報