F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マシンバランスの課題を克服し、万全の体制で勝利を掴んだメルセデス【今宮純のF1シンガポールGP決勝分析】

2018年9月18日

 2018年F1第15戦シンガポールGP決勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンが前戦に続き連勝。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位となりチャンピオンシップ争いで苦しい立場となってしまった。F1ジャーナリストの今宮純氏がシンガポールGPを振り返り、その深層に迫る──。


———————————

2018年F1第15戦シンガポールGP セバスチャン・ベッテルは3位


 2018年シーズンのF1は残りあと6戦、ハミルトンがベッテルを40点リード。


 これは2015年シーズンのハミルトン vs ニコ・ロズベルグの“41点差”に匹敵、ラスト3戦を前に三冠目を獲得している。シンガポールGPで今季7勝、この5戦に固めて4勝の強さ。


 メルセデスは地に足つけた周到なチーム力によってハミルトンを支え、一方フェラーリは浮足立ちベッテルを支えきれていない……。その違いが終盤になって露わになりつつある。


 タイヤ選択から両チームの『シンガポール戦法』は分かれた。メルセデスはハイパーソフトタイヤを6セット(最も少ない)、ウルトラソフトタイヤを4セット、ソフトタイヤは3セット。フェラーリは順に9セット(最も多い)、3セット、1セット(最も少ない)。


 フェラーリは明らかにソフトは切り捨て、その分ハイパーソフトに振った。いちばん柔らかいスペックを多く選択するのはイタリアGPと同じ、予選重視なのは明らか。


 メルセデスはいままでここでリヤタイヤのオーバーヒートに苦慮、一貫したマシンバランスを見いだすのに悩んできた。


 その課題を克服すべくソフトを多めに選択、ベースセッティングをしっかり練り上げる戦法をとった。ちなみにソフト3セットはここで勝機に挑むレッドブルと、タイヤに厳しいルノーもそう。


 金曜FP1から彼らはソフトだけを用いてふたりが28周、レース距離にほぼ等しいラップ数をカバー。


 夜間セッションではない夕方コンディションだが1分41秒台を確認。“2ランク”柔らかなハイパーソフトを想定すると1分39秒台に相当、トップのダニエル・リカルド(レッドブル)と同等、フェラーリを上回る。


 この時点で彼らは課題を克服するメソッドを構築、じっくりFP2と土曜FP3でショートラン研究に移行する。


 どちらのセッションもフェラーリ勢がトップ、ふんだんにハイパーソフトがある。だがこの2セッションでセクター2と3の最速タイムはメルセデス、直線主体のセクター1で常に最速だった彼らがフェラーリに譲り、コーナー主体セクターでまさった。


ルイス・ハミルトン 2018年F1第15戦シンガーポールGP

 1周23コーナーあるうちセクター2に7コーナー、3に10コーナー。2018年メルセデスが『コーナリング命』のレッドブルをも引き離した。


 直角コーナーなどでメルセデスW09の挙動はフロントが“フラット”に保たれ、ロール角度もピッチング上下動も制御され、理想値に近いダイナミック・ダウンフォースが得られている(はずだ)。


 だからふたりともこのセクションが安定し、リヤタイヤの過熱症状(急なオーバーステア)も見られない。初日からハンドリング矯正を進め、ブレーキングがナーバスな部分も対策、ほぼ万全な仕上がりで予選へ。


 しかし、メルセデスがこの週末たった一度だけ躓きかけた。予選Q1にウルトラソフトで臨み、ボッタス12番手、ハミルトンはあわやの14番手。15番手ガスリーと16番手マグヌッセンと0.2秒差、きわどかった。


 これを見たはずのフェラーリだがQ2にふたりをウルトラソフトで行かせた。だが十分なタイムを出しきれずハイパーソフトに変更。このチーム行動などを外から見る限り“指揮・判断”系統に緻密さや周到さ、冷静さがやや欠けているように映るが……。


 ハミルトンのQ3アタック、セクター1は2位、2も2位、3が最速。直角ターンを次々に“3速ギヤ”で切り抜けていった。セクター3で2位フェルスタッペンを0.125秒、3位ベッテルを0.260秒も引き離す1分36秒015。


 このPPタイムは2014年彼自身の1分45秒681より『9.666秒』も速い。景色がまったく違って見えたことだろう。

2018年F1第15戦シンガポールGP決勝 フォース・インディアの同士討ちによりエステバン・オコンがリタイア


――モナコと同じ予選トップ6がそのまま決勝トップ6ゴール。何かが起こるシンガポールGPも今年はほとんど起こらず、たった1台エステバン・オコン(フォース・インディア)が数百メートルでリタイア。完走19台。レースタイム1時間51分11秒611、ハミルトンとメルセデスの最短記録である。



(Jun Imamiya)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報