F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル残留が濃厚のリカルド。ファーストドライバー待遇は「必要としていない」

2018年7月15日

 ダニエル・リカルドは、レッドブル・レーシングとの新契約締結が遅れているのは、彼が2019年にファーストドライバーとしての地位を求めているからだとする噂を否定した。 


 数週間前まで、リカルドのF1における将来には、フェラーリとメルセデス両チームにおける複数の選択肢の可能性があると見られていた。


 しかしながら最近の動きでは、両チームとも2019年の計画を確定し、どちらもリカルドを擁することはないと噂されている。リカルドはレッドブルより他に妥当な行き先はなく、チームに残ることになると見られている。


 7度の優勝経験を持つリカルドは、5月に圧倒的強さでモナコGPを制してからは表彰台に上がっていない。彼はレッドブルとの契約更新の用意があるが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンよりも自分を優遇するよう求めてはいないと主張する。


「僕はファーストドライバーとしての地位を求めてはいないし、必要としていない。そういう問題はないんだ」とリカルドは述べた。


「マックスは明らかに良くやっているし、モナコGP以来毎週末、混乱や悪運といったようなことがいろいろあったと本当に思っているからね」


「ポール・リカールでのフロントウイングが破損した件などもそうだ。腹が立つよ」


 フェルスタッペンは、彼のチームメイトがともにレッドブルに残るのなら、何よりも嬉しいことだと語っている。


「彼は素晴らしいチームメイトだ。僕たちは一緒にとても楽しくやっているが、ひとたびレースとなれば、お互いにより高いレベルを目指してプッシュし合っている」とフェルスタッペンは語った。


「彼との仕事を楽しんでいる。人間関係の面で言えば、彼はパドックの中でも最高のチームメイトのひとりだし、最も手ごわい相手のひとりでもある。でも僕は競争が好きだから、彼がチームメイトなら完璧だよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報