F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、ポイントシステムの見直しを検討。将来的には15位までポイントを割り当てか

2018年7月11日

 各レースで上位10台がポイントを付与される現行のF1世界選手権フォーマットは、今後上位15台まで含めるように拡大される可能性がある。


 リバティ・メディアによるこの将来の計画は、フォース・インディアF1チーム代表のビジェイ・マリヤによってシルバーストンで明らかにされた。この計画はF1の小規模チームを支える手段のひとつと考えられている。


 この案はF1ストラテジーグループに提出されたが、マリヤはいかなるポイント制の改革もチームの年間登録料の変更を伴うべきだと考えている。


「次の年にすべてのポイントに対して支払いを行わなければならない。だからもしFIAが何か変更を望むのならば、彼らはその点についても考慮すべきだろう」とマリヤは述べた。


 Auto Motor und Sportは、2020年以降は25-20-18-16-14-12-10-8-7-6-5-4-3-2-1の配分に基づいてポイントが割り当てられるだろうと報道した。


 しかしながらレッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、ポイント制の大幅変更は、現在対処すべき大きな問題を抱えるF1にとって、二次的問題にすぎないと考えている。


「F1はポイントシステムよりも、解決しなければならないもっと大きな問題を抱えていると思う」と彼は述べた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報