F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、オーストリアGPのVSC発動時に判断ミスを犯したストラテジストを擁護

2018年7月3日

 メルセデスF1のトップ、トト・ウォルフは、日曜のオーストリアGPで重大な判断ミスを犯した戦略担当のジェイムズ・ボウルズを擁護している。


 バルテリ・ボッタスのリタイアに伴ってバーチャルセーフティカーが発動された際、チームはルイス・ハミルトンをピットに呼び戻さないという判断を下した。


 その戦略判断はハミルトンにとって高くつくものになった。その直後に彼は、この判断ミスを補うために8秒ものタイムを取り戻さなければならないと伝えられたのだ。


 レースを失うことになると感じたハミルトンは、無線でもその気持ちを強く表明し、ボウルズは責任は自分にあるとした。


「私が今日の勝利をふいにしてしまった。申し訳なく思っている。できることをやってくれ。我々は君を頼りにしているし、信頼している」とボウルズは語っている。


 ウォルフはメルセデスのボスとして、この日はこれまでにないほど悲痛な1日だったと語ったが、公衆の面前で自身のミスを認めたボウルズの勇気を称賛した。


「ジェイムズは最高のクルーだと私は思っている。最大限の結果を出すために、数百万人の人々の前で『これは私のミスだ。君はこのマシンでできることをやってくれ』と言うのは勇気が必要だ」とウォルフは述べた。


「我々には変化は必要ない。一番重要なことは、なぜミスが起きたかを理解し、その状況に立ち戻って分析することだ」


「ミスを再び繰り返すことはないと考えている。状況は非常に複雑だった。6台ものマシンとバトルをしており、厳しい状況だったというだけだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報