F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:カナダGPで新スペックのPUを投入したホンダ。気になる馬力の向上は?

2018年6月9日

 ホンダがアップデートしたパワーユニットをカナダGPに2台のマシンに投入した。 


 田辺豊治F1テクニカルディレクターによれば、アップデートしたのはICE(内燃機関)だという。ただし、新スペックによって、どれだけの向上がなされているのかについては明言を避けた。


 それは、今回カナダGPにアップデートしたPUを投入してきたのは、ホンダだけではないからだ。ルノーは3チーム6台のICEを新しくし、フェラーリはセバスチャン・ベッテルのみ新スペックのICEを投入してきた。


 フェラーリの広報によれば、キミ・ライコネンのICEを新しくしなかったのは「キミはすでに2基目を投入しているので、今後のシーズンを考慮して、投入を見送った」という。


 ただし、フェラーリが投入した新スペックはICEだけではない。ベッテルはターボとMGU-H(熱エネルギー回生システム)も2基目を投入したが、そのいずれも新スペックとなっており、ライコネンはターボのみカナダGPで新スペックを投入した(3基目)。


 つまり、ホンダもパワーアップしたが、新PUの投入を見送ったメルセデス勢以外のマニュファラクチャーもPUの性能を向上させてきたので、ホンダの性能向上が見えにくくなっている。


 ただし、その新PUを使用するピエール・ガスリーは、次のように期待を寄せる。


「ホンダはこれまで、ルノーに比べてやや後れ取っていたけど、今回のアップデートでルノーに追いつくことを願っている」


 ホンダとルノーの差は、昨年の段階で約26馬力だと言われている。今回ガスリーにはホンダから新PUについての説明は受けているはずだから、20馬力以下程度のアップデートだとしたら、ガスリーはこのような発言は行なわないはず。つまり、ホンダの今回のアップデートは、少なくとも20馬力以上の性能向上があると考えるのが自然だ。



(Masahiro Owari)




レース

11/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン383
2位セバスチャン・ベッテル302
3位キミ・ライコネン251
4位バルテリ・ボッタス237
5位マックス・フェルスタッペン234
6位ダニエル・リカルド158
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス58
9位ケビン・マグヌッセン55
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス620
2位フェラーリ553
3位レッドブル392
4位ルノー114
5位ハース90
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア48
8位ザウバー42
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報