F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル、F1中国GPで接触したフェルスタッペンの判断ミスの原因は「若さではない」と主張

2018年4月16日

 セバスチャン・ベッテルは、マックス・フェルスタッペンの良識が欠如していることを正当化する理由に、これ以上若さをあげることはできないと考えている。


 中国GPのレース終盤、ベッテルとフェルスタッペンは2位を争っていた。過剰な動きで仕掛けたフェルスタッペンがベッテルと接触し、ふたりはコース上で一時立ち往生となり、最終的にはフェルスタッペン5位、ベッテル8位でレースは終了した。


 序盤はレースをリードしていたベッテルは、メルセデスのバルテリ・ボッタスにアンダーカットを許しており、表彰台でのフィニッシュを望んでいた。このため、フェルスタッペンとの接触はベッテルにとって大きな痛手となった。


「かなり後になるまで彼(フェルスタッペン)のことは見えていなかった。だから少しのスペースを残しておいたんだ」とベッテル。


「正直に言えば、もっと早い段階で来ると思っていた。ダニエル(・リカルド)も同じだったけれど、彼らは新しいタイヤを履いていて明らかに速かったから、対抗するつもりはなかった。そんなことに意味などないのだから」


「後ろのライバルたちに対して、妥協するようなレースは望んでいなかった」


「彼は確かにミスを犯し、ロックした。よくあることだよ。レースの間、ストレートではずっと追い風が吹いていて、きっと判断ミスをしたのだろうね。それが僕らふたりの結果を損なうことになった」


 ベッテルとフェルスタッペンはレース後、短い会話を交わしている。フェルスタッペンは事故に対して責任があることを受け入れているが、20歳という若さによって許されるべきではないとベッテルは話す。


「彼はもう十分だけのレースを走っている。こういうことは300戦走っていたって起こることだ。マシンに乗っていて判断が非常に難しかったとしても、最終的には色々なことを考えて、クラッシュしないようにしなければならない」


「彼はすぐにフロントウイングをなくすし、パンクなんかもする。そうしたケースでは、相手も自分もゲームオーバーという状況になってしまう。今回の僕らはラッキーだったけれど、そういうことにもなり得るんだ」



(Translation:Akane Kofuji)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報