F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.「あと1周あれば、ベッテルを抜くことができた」ルノー F1中国GP日曜

2018年4月16日

 2018年F1中国GP決勝で、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは6位、カルロス・サインツJr.は9位だった。
          
■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=6位
 スタート直後は誰もがグリップ不足に苦しんでいたようで、どのクルマも至るところでスライドしまくっていた。僕らは最初から2ストップ戦略のつもりだったから、いいペースを保ちながら、ある程度まではタイヤを持たせる必要があった。それが結果的にはうまく行ったよ。


 セーフティカーが僕らには有利に働いて、その後の戦いを楽にしてくれたからね。だけど、もしセーフティカーが出なかったとしても、トップ3以外の先頭には出られたと思う。実際、ペースは良くて、中団グループのトップを走れたのだから、全体として悪い一日ではなかったよ。結果として8点を持ち帰ることができたし、楽しいレースだったことは間違いないね!


カルロス・サインツJr. 決勝=9位
 チームとしては、今年2度目のダブルポイントだ。本当によくやったよ。スタートはうまく決まって、レッドブルの1台を抜けるかと思ったんだけど、結局はコース外に押し出されて1周目に2つほど順位を下げ、ニコ(・ヒュルケンベルグ)の後ろになってしまった。


 そこからは、セーフティカーにも助けられて、2ストップの戦略を生かすことができた。最後のスティントでは、(フェルナンド・)アロンソとケビン(・マグヌッセン)に前をふさがれている間にタイヤのデグラデーションが進み、レース終盤にチャンスが訪れることを期待して、タイヤをセーブするしかなかった。


(セバスチャン・)ベッテルを抜くまで、あと一歩だったんだけどね……。もう1周あれば、彼をとらえていたと思う。


 全体としては、ポイントを加算できたことに満足している。ただ、完璧に自信をもってこのクルマを乗りこなすには、エンジニアとさらにハードワークを続ける必要がある。



(AUTOSPORTweb)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報