F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トップ2チームと戦うためには「開発競争を制することが必要」とレッドブルF1代表

2018年3月18日

 評論家たちがF1開幕戦オーストラリアGPの順位予測を試みる中で、レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、最終的に年間タイトルを手にするのは別のレースを制するチームだと考えている。


 レッドブルはプレシーズンテストが行われたバルセロナで、RB14の開発作業に熱心に取り組んでいたが、テストではあまり目立たないままに終わった。


 オーストラリアGPでは、レッドブルがメルセデス、フェラーリとともに先頭グループで存在感を発揮するだろうと誰もが見ている。だが、その中でどのチームがより良いパフォーマンスを見せるかを予測するのは難しい。


 長期的に見ると、開発の質の高さと早さこそが、シーズンで勝利を掴むために不可欠な要件なのだとホーナーは言う。


「プレシーズンテストの結果から情勢を読み解くことは非常に難しい。それぞれのマシンが燃料搭載量、エンジンのエネルギーレベルなど異なる条件で走行していたのだから。ただ、若干のパターンを見つけることはできる」と語るホーナーは、さらに以下のように続けた。


「メルセデスはロングランが非常に強いように見える。一方で我々とフェラーリとの差は小さいようだ」


「最も重要なことは、これから9カ月間に行なわれる21戦を通して、どのチームが最も素早くマシン開発を進められるかだ」


「どのマシンもレースごとに状況が違ってくる。その都度いかに早くアップデートをし、適切なパーツを組み込むかがパフォーマンスで違いを出すための鍵となる」


「それが我々の課題だ。我々のチームには優秀なスタッフたちと2名の卓越したドライバーがいる。我々はマシン開発においてライバルチームたちを上回ることに挑んでいく」


「我々はエンジン馬力の面では強くないことを理解している。となれば、より良いシャシーを開発し、ドライバーたちの力量に頼ることが必要なのだ」


 つまり、長期的には開発競争を制することを主要な目標に置いているホーナーだが、短期的に見ると、メルボルンで優位に立つのはやはりメルセデスだと考えている。


「メルセデスは間違いなく優勝候補の本命だ」とホーナー。


「彼らはプレシーズンテストでも強かったし、昨シーズンも年間を通してランキングを支配していた。レギュレーションもおおむね変わっていない。だが、それでも我々は彼らとの差を縮めてこられたのではないかと思う」


「我々が非常に高い競争力を発揮できるコースがいくつかある。我々としては、先を行くメルセデスとフェラーリに戦いを仕掛けていくつもりだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報