F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリのライコネン、レースシミュレーションを終え「優れたパッケージだと感じる」

2018年3月10日

 カタルニア・サーキットで行われたF1プレシーズンテストが、9日、終了した。この数日間の体調不良から回復したキミ・ライコネンがフェラーリSF71Hのステアリングを握り、開幕前最後の走行を行った。


 この日の気温は20度以上、コース路面温度は約37度を記録し、2週間のテスト期間全体で最も暖かい日となった。


  ライコネンは順調に157周を走り込み、ハイパーソフトタイヤで1分17秒221のトップタイムを記録した。スクーデリア・フェラーリはこの日、セットアップ作業とレースシミュレーションなどを計画し、さまざまなタイプのタイヤおよび燃料積載量による走行が行われた。


「全体的に良いパッケージだと感じている」とライコネンは評価した。
「確かにテストの初めの頃は理想的な天候ではなかったが、非常に充実した数日間とともにテストを終えることができた」
 
「マシンの感触は良い。まだ改善すべき点が多くあるとはいえ、操作性は十分だし、さまざまなセットアップ変更にも対応できている。だが、ライバルたちと比較して僕たちが実際に序列のどこにいるのかは、誰にも分からない。2週間後のメルボルンでよりはっきりしてくるだろうし、全般的にはシーズンの最初の数戦が終わったらさらに分かってくるだろう。レースが好きだから、シーズンが始まるのが待ちきれないよ」

2018年第2回F1バルセロナテスト4日目:キミ・ライコネン(フェラーリ)の妻ミントゥさんと息子のロビンくん

 2回のテストセッション全体で、スクーデリア・フェラーリはチームとして計929周(ライコネン286周、セバスチャン・ベッテル643周)、距離にして4323kmを走行した。 



(AUTOSPORTweb)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報