F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「フェラーリF1『SF71H』は大きな進歩を果たした」タイトルもたらす“隠れた魔法”に期待

2018年2月23日

 スクーデリア・フェラーリの2018年型F1マシン『SF71H』の発表会に出席したセバスチャン・ベッテルは、昨年よりさらに優れたパフォーマンスを発揮するマシンであるとの自信を示し、早く走行して感触を確かめたいと語った。


 22日、フェラーリは本拠マラネロでニューマシンの発表会を行った。当日はフェラーリ会長セルジオ・マルキオンネ、チーム代表マウリツィオ・アリバベーネ、テクニカルディレクターのマッティア・ビノット、レースドライバーのベッテルおよびキミ・ライコネン、新たに開発ドライバーに起用されたダニール・クビアト、ジュニアドライバーのアントニオ・ジョビナッツィらが出席、多くのゲストの前でSF71Hが披露された。


「ここに立っていると、すごく特別な気持ちになる」とベッテルは発表会において語った。
「早く走って、このマシンがどういうパフォーマンス、どういう挙動を見せるのかを確認したい」


「去年のマシンから大きな進歩を果たしたと思う。実際に走った時にそういう答えを得られればいいなと思っている」


「皆が努力を注ぎ込み、たくさんのエリアで細かいところにまで注意を払ったと聞いている」


「本当の魔法は外からは見えない部分に起こるものだ。細かい部分のすべて、小さなパーツのひとつひとつが大きな違いを生み出す」


 現段階でベッテルはシート合わせのためにマシンに乗り込んだのみで、25日のシェイクダウンの際に初めて走行することになる。


「毎年、細かい部分が変わっている。レギュレーションにあまり変更がなかったので、シャシーには昨年型が大きく反映されているけれど、それでもシートポジションは多少違っている。それを快適に感じられることが重要だから、問題がなくてよかった」


 ベッテルは2017年に5勝を挙げ、フェラーリはドライバーズ、コンストラクターズランキングともに2位を獲得した。今年は王者メルセデスを倒し、悲願のタイトルをつかむことを目指す。 
 
 フェラーリは『SF71H』のシェイクダウンを、プレシーズンテストがスタートする前日の25日、バルセロナのカタルニアサーキットで行うことを予定している。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

6/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/23(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
6/24(日) 決勝 23:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル121
2位ルイス・ハミルトン120
3位バルテリ・ボッタス86
4位ダニエル・リカルド84
5位キミ・ライコネン68
6位マックス・フェルスタッペン50
7位フェルナンド・アロンソ32
8位ニコ・ヒュルケンベルグ32
9位カルロス・サインツJr.24
10位ケビン・マグヌッセン19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位メルセデス206
2位フェラーリ189
3位レッドブル134
4位ルノー56
5位マクラーレン40
6位フォース・インディア28
7位トロロッソ19
8位ハース19
9位ザウバー12
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/24
第9戦オーストリアGP 7/1
第10戦イギリスGP 7/8
第11戦ドイツGP 7/22
第12戦ハンガリーGP 7/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報