F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、タイヤラインナップの変更で2018年はツーストップが主流になると予測

2018年2月16日

 マクラーレンF1チームのテクニカルディレクターを務めるティム・ゴスは、ピレリのタイヤラインアップがソフト寄りになったことから、今シーズンは各チームともツーストップ戦略が主流になるだろうと考えている。


 F1にタイヤを独占供給するピレリは、2018年に向けタイヤレンジを拡大し、新たに最もハードなスーパーハードと、最もソフトなハイパーソフトを追加した。


 ピレリはまた、全体的にタイヤを一段階ソフト寄りにしている。この変更により今年のラップタイムはさらに短縮されるはずだが、昨年多かったワンストップ戦略は減るものと考えられる。


「序盤のレースに向けて、ピレリはタイヤ選択を公開している。それを見たところ、タイヤグリップが増加するだろうというのが我々の意見だ」とゴスは述べた。


「ラップあたり0.5秒から1秒程度が短縮されるかもしれないし、以前に比べてツーストップ戦略が多くなるだろう」


「それでもレースではワンストップとツーストップが混在すると考えているが、よりツーストップに偏るだろう。賢明で正しい方向へ進んでいると思う」


 各チームは昨シーズン終了後、ヤス・マリーナでのオフシーズンテストでピレリの新たなタイヤラインアップを試用したが、新タイヤについてはいまだに学ぶべきことが多くあるとゴスは主張する。


「タイヤについて学ばなければならない。アブダビでタイヤのテストは行なったが、それはかなり気温の高い1箇所のサーキットでのことだ。違うサーキットにおいてもこれらのタイヤについて学ぶ必要がある」とゴスは付け加えた。


「コンパウドごとのパフォーマンスにおける差は、必ずしも均一である必要はない。あるタイヤ同士は大きな差があり、他のタイヤ同士ではよりパフォーマンスが近いといったことは、確かに認識している」


「だが、ピレリは我々に耳を傾けて正しい方向へ進むという点で、概して素晴らしい仕事をしたと思う」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報