F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノー、フランスの強豪ゲーマーとのタッグでeスポーツ参入。『F1 eスポーツ』参戦も視野

2018年2月13日

 ルノーとルノー・スポール・レーシングは2月12日、eスポーツへの参入を表明。フランス拠点のプロゲームチーム、『Team Vitality』(チーム・バイタリティ)とともに『ルノー・スポール・チーム・バイタリティ』を立ち上げた。


 eスポーツはコンピューターゲームなどを使って行われるスポーツ競技。日本では馴染みが薄いものの、世界にはプロチームやプロリーグが多数存在し、優勝賞金10億円以上の大会も存在するなど、メジャースポーツとしての認知が広まっている。


 また日本国内にもプロゲーマーが複数名存在するほか、2月1日にはeスポーツの普及と発展を目指す『一般社団法人 日本eスポーツ連合』が設立されており、徐々に認知が広がっている。


 今回、ルノーはそんな成長著しいeスポーツへの参加を表明。フランスを拠点に活動するチーム・バイタリティとタッグを組んだ。


 このチーム・バイタリティはシューティングゲームの『レインボー・シックス』、サッカーゲームの『FIFA』シリーズの大会でチャンピオン獲得経験を持ち、アディダスやボルビックなどから支援を受けている強豪チームだ。


 今後、ルノー・スポール・チーム・バイタリティは、レースゲームの『ロケットリーグ』で争われる大会にエントリーするほか、F1が立ち上げた『F1 eスポーツ・シリーズ』への参入も検討するとのこと。


 今回のタッグにより、チーム・バイタリティ所属のプロゲーマーたちはイギリス・エンストンにあるルノーF1のファクトリーへのアクセスが許され、ドライバーたちとトレーニングを受けることが可能になるという。


 ルノー・スポールのシリル・アビデブール代表は「モータースポーツ界とゲーム界につながりがあることは明確だ。どちらも競争が激しい環境で身体的、精神的強さが求められる」と強調する。


「昨年、FOMがF1 eスポーツを立ち上げたことで、このふたつの世界はさらに密接になり、コラボレーションが実現可能になった。F1と同様、この分野でも我々はライバルから恐れられ、尊敬されるチームを作り上げる」




(AUTOSPORTweb)




レース

7/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン213
2位セバスチャン・ベッテル189
3位キミ・ライコネン146
4位バルテリ・ボッタス132
5位ダニエル・リカルド118
6位マックス・フェルスタッペン105
7位ニコ・ヒュルケンベルグ52
8位ケビン・マグヌッセン45
9位フェルナンド・アロンソ44
10位セルジオ・ペレス30

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス345
2位フェラーリ335
3位レッドブル223
4位ルノー82
5位ハース66
6位フォース・インディア59
7位マクラーレン52
8位トロロッソ28
9位ザウバー18
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 7/29
第13戦ベルギーGP 8/26
第14戦イタリアGP 9/2
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報