F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「シューマッハーは今も戦っている」ジャン・トッド、殿堂入りの友人に向けスピーチ

2017年12月6日

 FIA会長ジャン・トッドが、ホール・オブ・フェーム(殿堂)立ち上げのセレモニーにおいて、友人ミハエル・シューマッハーに対するスピーチを行った。セレモニーにはシューマッハーのマネージャー、サビーネ・ケームも出席した。


 4日パリで、FIAはホール・オブ・フェームを立ち上げ、33人のF1ドライバーをここで称えることを正式に発表した。セレモニーには、サー・ジャッキー・スチュワート、マリオ・アンドレッティ、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブ、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、ニコ・ロズベルグが登場、ドライバーの家族などの代理も何人か出席した。


 そのなかには7度タイトルを獲得したシューマッハーのマネージャーであるケームの姿もあった。2013年の年末にスキー中にけがを負って以来療養中のシューマッハーについて、親しい友人であるトッドはスピーチのなかで触れた。

FIAがホール・オブ・フェーム(殿堂)を立ち上げ

「ミハエルがここにいなくて寂しい」とトッド。


「彼は今も戦っている。代わりにシューマッハー家の事業を支えているサビーネが来てくれた」


「(息子の)ミックにも来てほしかったが、彼はスペインでテストをしており、(妻の)コリーナはアメリカにいる」


「(シューマッハーの)戦いは今も続いている。ミハエルは特別な存在だ。モータースポーツにとっても、私にとっても、特別な人間だ。私にとっては友人なのだ」


 マネージャーのケームは、シューマッハーに代わり、挨拶を述べた。
「本来ならミハエルがここにいるべきところ、僭越ながら私が代理を務めさせていただきました。彼もここに来たかったことでしょう」


「彼はここにいるすべての方々に対して、心から尊敬の念を抱いていました。彼にとっては大きな誇りだと思います。ジャンとミハエルは非常に親しい友人同士であり、ジャンが(ホール・オブ・フェーム立ち上げ)という大きな仕事を成し遂げたことを、ミハエルは誇りに思っているはずです」


「彼を特別な存在にしたのは、鍛錬だけでなく、ここにいる皆さん、そしてF1への愛と思いやりの気持ちだと思います。それによって彼は大きな成功を収めることができたのです」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報