F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シーズン前半の勢いはどこへ……フェラーリの体たらくにイタリア中が困惑

2017年11月30日

 サッカーワールドカップでイタリアが60年ぶりに予選敗退したことに比べれば、まだマシなのかもしれない。しかしフェラーリの体たらくには、多くのファンががっかりしている。常勝メルセデスとハミルトンに対して、今季もフェラーリとベッテルはなすすべもなく敗北した。 


 シーズン前半には互角以上の戦いを繰り広げていただけに、ティフォシたちやイタリアメディアの落胆はいっそう大きかった。


「フェラーリにとって実に悲しく、青ざめるようなレースだった」と最終戦アブダビGPでの惨敗を、『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙はこう評している。


「はたしてベッテルとライコネンに、ハミルトンとボッタスを打ち破る力はあるのだろうか。ベッテルの精神的な破綻、ライコネンのムラのあり過ぎる成績が、一体何をもたらしたのか。チーム代表の(マウリツィオ・)アリバベーネと会長の(セルジオ・)マルキオンネは愚痴ばかり言ってるヒマがあったら、ドライバーにメンタルコーチを付けた方がいい」


「外から見る限り、フェラーリには絶え間なく続く、常識外れで意味のない緊張が漲っているようにしか見えない」


 一方、コリエーレ・デロ・スポルト紙のベテラン記者レオ・チュリーニは、「アブダビのレース後に打ち上げられた花火は、マラネロには警報に聞こえたはずだ」と書く。


「かつてナポレオンは、100日で世界を変えると豪語し、結局は失敗した。そしてアリバベーネと技術責任者の(マッティア・)ビノットは、すでにその期限を11日超えているのである。2018年のフェラーリに対して、私はどうしても楽観的になれない」



(Translation:Kunio Shibata)




レース

7/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン213
2位セバスチャン・ベッテル189
3位キミ・ライコネン146
4位バルテリ・ボッタス132
5位ダニエル・リカルド118
6位マックス・フェルスタッペン105
7位ニコ・ヒュルケンベルグ52
8位ケビン・マグヌッセン45
9位フェルナンド・アロンソ44
10位セルジオ・ペレス30

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス345
2位フェラーリ335
3位レッドブル223
4位ルノー82
5位ハース66
6位フォース・インディア59
7位マクラーレン52
8位トロロッソ28
9位ザウバー18
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 7/29
第13戦ベルギーGP 8/26
第14戦イタリアGP 9/2
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報