F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:「2017年のベストレースの一つ」3年間の集大成となったアロンソの9位入賞

2017年11月27日

 マクラーレン・ホンダとして、最後のレースとなった2017年最終戦アブダビGP。11番手からスタートしたフェルナンド・アロンソは、1周目に一時10番手にポジションを上げたものの、直後にオーバーテイクを許し、序盤は11番手を走行していた。

 10番手のフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)からポジションを奪えない状況が続いたアロンソ。当然ながら、チームはアロンソをマッサよりも早くピットインさせて前に出る、アンダーカットというピットストップ戦略を考えた。しかし、後続との差があまりないレース序盤にピットインさせると、ピットアウトしたときに後続集団に入ってしまい、アンダーカットが成功できなくなる。

 この日のレースでは、ピットストップロスとなる22秒後方にザウバーのパスカル・ウェーレインが走行していたため、マクラーレンはウェーレインとの差が22秒以上になった21周目にアロンソをピットインさせた。翌22周目に、マッサもピットイン。静止時間2.4秒でピットアウトしたマッサは、再びアロンソの前でコースに復帰した。

 ところが、「今日のレースは僕たちにとって、とても重要だった。このプロジェクトを良い形で終えたかったから」と言うアロンソは、マッサがピットアウトした直後のバックストレートでオーバーテイクを仕掛け、成功。23周目に10番手に浮上した。

 じつはこのとき、アロンソは予選モードを使用していた。予選モードとは、エンジンの性能をフルに発揮する設定のことで、予選時に使用するモードだが、レースでもバトルしているときなど、必要な状況となったときにも使用する。





レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報