F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

毒舌パドック裏話 ブラジルGP編:話題となった武装強盗は毎年の事なんですよ……

2017年11月21日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。ブラジルGP編です。

---------------------------------

 やれやれ、今年も何とか生きて帰って来ることができた。ブラジルからのレポートを読まれた方々は、メルセデス、ピレリ、FIAのメンバーが現地で武装強盗に襲われたという話を、すでにご存知のことだろう。

 しかし、どうして今年はこの話を何度となく聞かされることになったのか、私にはいまひとつよく分からない。なぜなら、この手の事件はもうずっと前から、毎年起きてきたのだから。

 ともあれ重要なのは、今年も誰もケガを負わずにすんだことだ。マクラーレン・ホンダとピレリが翌週のタイヤテストを中止したのは、やや過剰反応ではなかったかと、私は思う。

 インテルラゴスへ向かう時、私はいつも着古した服を選んで、ひどい身なりをしている。レンタカーもわざわざ廃車寸前の古いクルマにしてもらい、F1関係者であることを示す駐車許可証のステッカーを貼りっぱなしにもしない。そうした手を使うことで、私は長年にわたって恐ろしい目には遭わずにすんできた。

 だが、リバティ・メディアとしては、こうした強盗事件が盛んに取り上げられることを、実は密かによろこんでいたのではなかろうか。このレースをカレンダーから抹消できれば、まさに万々歳だと彼らは思っているに違いないからだ。

 インテルラゴスのパドックは、彼らが考える適切な水準には達していないうえに、リバティにとっては招かれざる客のバーニー・エクレストンも必ず姿を見せる。しかも、彼はブラジルのレースプロモーターと深い関わりがあるという、もっぱらの噂だ。

 正直なところ、南米のグランプリレースは、そろそろ一新されてもいい時期に来ていると思う。最近では、リオ・デ・ジャネイロでの市街地レースの計画が、しばしば話題に上ってもいる。だが、より現実的な開催地候補をひとつ挙げるとすれば、私はブエノスアイレスのオスカル・ガルベス・サーキットと、素晴らしい思い出がたくさんあるアルゼンチンGPの復活を推したい。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報