F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

毒舌パドック裏話 F1アメリカ&メキシコGP編:サンパウロの観客は入ってますか?

2017年11月10日

 アメリカとメキシコの両グランプリを終えて、間違いなく言えることがひとつある。サンパウロのパドックは人の数が激減して、寂しいものになるだろうということだ。

 オースティンでメルセデスがコンストラクターズタイトルを、メキシコシティでルイス・ハミルトンがドライバーズ選手権の王座を確定したばかりとあって、プレスやマーケティング担当者の中には、わざわざブラジルまでは行かない人も多いはずだ。また、治安の悪いサンパウロには、チームもVIPゲストを招きたがらない。

 これはバーニー・エクレストン(この名前を憶えておられるだろうか?)にとって、残念なことに違いない。噂によると、F1の小さなビッグボスだった彼は、いまやインテルラゴスのオーナーであり、事実上のレースプロモーターでもあるからだ。

 バーニーには、サマーブレーク前からしばらく会っていない。だが、彼がサンパウロを訪れるのは確実と言ってもいい。彼はブラジルにコーヒー農場を所有しているし、現在の妻もブラジル人だ。

 エクレストンがインテルラゴスへ来る主な目的は、やはりリバティ・メディアへの嫌がらせだろう。実際、彼は私たちがメキシコにいるうちから、その『仕事』に着手していた。イタリアの新聞のインタビューに応じたバーニーは、メルセデスがレッドブルの追撃を食い止めようと、フェラーリにエンジン技術の支援をしたと語って、大いに物議をかもしたのだ!

 私たちは、いつもオースティンを訪れるのを楽しみにしているが、今年は市民の人々に対して、心から同情の念を抱かずにはいられなかった。「Keep Austin Weird(ヘンな街でいよう=創造性を大切に)」のスローガンで知られるこの街は、8月に大型ハリケーン『ハービー』に直撃されて甚大な被害を被ったテキサス州の州都である。

 その上、現地を訪問したドナルド・トランプ大統領は、被災者との面会もせずにそそくさと帰ってしまったというのだから、ひどい話ではないか。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン345
2位セバスチャン・ベッテル302
3位バルテリ・ボッタス280
4位ダニエル・リカルド200
5位キミ・ライコネン193
6位マックス・フェルスタッペン158
7位セルジオ・ペレス94
8位エステバン・オコン83
9位カルロス・サインツJr.54
10位フェリペ・マッサ42

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス625
2位フェラーリ495
3位レッドブル358
4位フォース・インディア177
5位ウイリアムズ82
6位トロロッソ53
7位ルノー49
8位ハース47
9位マクラーレン28
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号