F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:力強い走りで見事アロンソが10位入賞、ザウバーに引っかかったのが悔やまれる

2017年10月30日

 メキシコGPがF1のカレンダーに復活したのは、ホンダがマクラーレンとタッグを組んでF1に復活した年と同じ2015年。さらにその前にF1のカレンダーを姿を消す最後のシーズンとなったのが、ホンダが第二期F1活動を休止することになった年と同じ92年。さらにさかのぼれば、ホンダがF1で初優勝を遂げた地が、このメキシコ。ホンダとメキシコGPは、不思議な縁で結ばれている。

 だが、2015年に復帰以降、ホンダはこのメキシコGPで思うような成績が収められていなかった。2015年はスタート直後にフェルナンド・アロンソのパワーユニットがトラブルを起こしてリタイアし、ジェンソン・バトンも14位に終わった。2016年もバトンが12位、アロンソも13位と入賞に届かなかった。

 今年も、金曜日にPUを交換していたため、マクラーレン・ホンダの2人はアロンソが18番手、ストフェル・バンドーンは19番手と、レースでは後方からのスタートを強いられ、厳しいレースが予想された。

 しかし、日曜日のマクラーレン・ホンダは力強い走りを披露した。上位陣のアクシデントにも助けられ、5周目にはバンドーンがトップ10内を走行。その後、9周目にはアロンソもバンドーンに続く11番手を走行するという予想外の展開となった。

 ただし、そこからが厳しい戦いとなった。
「ストレートスピードが十分じゃなかった」と言うバンドーンはザウバーのエリクソンをなかなかオーバーテイクできない。その間にアロンソが追いついてきたため、チームは2人のポジションを入れ替える戦略を採った。





レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報