F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

毒舌パドック裏話 F1マレーシア&日本GP編:少し物悲しい19年通い続けた最後のセパン

2017年10月20日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。マレーシア&日本GP編です。

----------------------------

 今年限りでマレーシアGPが終わってしまうのは、実に残念なことだ。このグランプリは、あまり大きな事件が起きない、のどかで平和なイベントだった。現場へ足を運ぶメディアの人数もいつもの半分ほどで、レストランやホテルの値段も安く、また熱帯地方特有のスコールが私たちには程良い刺激になってくれた。

 F1の新たなボスたちが、より目新しくエキサイティングな開催地を探そうとするなかで、マレーシアのプロモーターは「たとえ開催権料が無料になったとしても、F1を再開させたいとは思わない」と断言した。だが、メルセデスのメインスポンサーでもあるマレーシアの国有石油会社ペトロナスは、おそらくそうは思っていないはずだ。

 長年常宿にしていたあの“星なし”ホテルにも、もう泊まる機会はないだろう。ホテルのメインエントランスの反対側には、小さいながらも素敵なオープンレストランがある。

 私たちヨーロッパのジャーナリストは、まだ揺りかごで寝ている赤ん坊だったレストランのオーナーの娘が、クアラルンプール大学で経営学を学ぶ若い女性になるまでの過程をずっと見守ってきた。まさに私たち全員が、家族の一員であるかのように感じていたのだ。

 不思議なことに、これがセパンでは最後のグランプリであるにもかかわらず、レースのオーガナイザーはパドックの施設を改修していた。そして19年目にして初めて、メディアセンターにも本格的なコーヒーマシンが設置された。ただ、いかにもマレーシアらしいと思わされたのは、その機械が正常に作動したのは木曜日の一日だけだったことだ。

 しかし、この世界に感傷が入り込む余地はない。過去を振り返ったり、涙を流したりする暇もなく、私は日曜の夜にはクアラルンプールを離れ、東京へと向かった。

■レッドブルドライバーの剣道体験
RedBull

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報