F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル、F1日本GPの国歌斉唱欠席で2度目の戒告。3度目で10グリッド降格に

2017年10月9日

 セバスチャン・ベッテルは、F1日本GP決勝前に行われた国歌斉唱に参加しなかったとして今季2度目の戒告処分を受けている。


 日本GPでのフェラーリは、グリッド上で突然のエンジントラブルに見舞われてパニックに陥った。このときベッテルは、伝統的なセレモニーである国歌斉唱に参加するよりもチームに留まることを選んだのだ。この決断についてはスチュワードが審議を行い、最終的にスポーティングルールの明らかな違反にあたると結論付けられた。


 ベッテルは今季序盤のモナコGPでも予選中に白線を横切ったとして戒告処分を受けており、今回の違反で戒告は2度目となる。


 F1スポーティングレギュレーションの18.2条には、以下のように記載されている。


「同一の選手権シーズンの中で戒告処分を3回受けたドライバーは、3回目の処分決定により、その競技会にて10グリッド降格の罰則を受ける。その3回目の戒告が、決勝レース中の事件に続いて科された場合は、10グリッド降格の罰則は当該ドライバーの次の競技会に適用される」


「10グリッド降格の罰則は、戒告処分のうち少なくとも2回が、運転に関する違反であった場合にのみ科される」


 このためベッテルは、残り4レースで3度目の戒告を受けるような事態を何としても避ける必要がある。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報